CODE海外災害援助市民センター

CODE海外災害援助市民センター

CODE海外災害援助市民センター

CODE海外災害援助市民センター

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに
「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。

English Page Link

お問い合わせ:info@code-jp.org

メールアプリを起動

文字サイズ:

ウクライナやロシアからの避難民などにMOTTAINAIやさいを届けています

CODE未来基金 丹波農業フィールドワーク

インドネシア・スンダ海峡津波 自然との共生と学び合い

インドネシア・ロンボク島 木造建築への理解を深める

中国四川省 老年活動センター

お知らせ

救援ブログ新着

現行救援プロジェクト概要

最新イベント

【CODE寺子屋2022】若者と難民について考える 今、世界で起きていることに私たちはどう向き合うのか~ウクライナ・アフガニスタン・ミャンマーから見える日本~


今、世界で起きているウクライナやアフガニスタン、ミャンマーをとおして、難民認定、出入国管理、多文化共生など、私たちの足元の問題に対してどう向き合うべきか、若者とともに考えます。

第1回「難民、避難民に対して市民・NGOは何ができるのか」
講  師:折居徳正さん パスウェイズ・ジャパン代表理事
     田中惠子さん RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)共同代表
日  時:2022年8月7日(日)10:00~12:00
開催方式:対面(こうべまちづくり会館)およびオンライン開催

詳細はこちら

最新イベント

【CODE寺子屋2022】若者と難民について考える 今、世界で起きていることに私たちはどう向き合うのか~ウクライナ・アフガニスタン・ミャンマーから見える日本~


今、世界で起きているウクライナやアフガニスタン、ミャンマーをとおして、難民認定、出入国管理、多文化共生など、私たちの足元の問題に対してどう向き合うべきか、若者とともに考えます。

第1回「難民、避難民に対して市民・NGOは何ができるのか」
講  師:折居徳正さん パスウェイズ・ジャパン代表理事
     田中惠子さん RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)共同代表
日  時:2022年8月7日(日)10:00~12:00
開催方式:対面(こうべまちづくり会館)およびオンライン開催

詳細はこちら

ご支援・参加のお願い

ご協力方法

CODEあたたかい集まりのイメージ

ご支援・参加のお願い

ご協力方法

会員になる

CODEの活動を継続的に支えてくださる方はこちら

寄付をする

各救援プロジェクトや未来基金へのご寄付はこちら

ボランティアする

事務作業などをお手伝いくださる方はこちら

勉強会を開く

セミナー企画や講師派遣のご依頼はこちら

CODEあたたかい集まりのイメージ

SNS最新情報