No.12-生産者編①「MOTTAINAIも奥が深い!!」

15日、神戸市須磨区にある飛松中学校を訪問しました。同校には「とびまつ森の会」という森の整備活動や自然環境保全活動を地道に続けている市民の会のフィールドがあるのです。縁あって、私が同会の会員であることから、事務局の元同行教員のHさんに連絡を取り、約10年ぶりに訪ねました。

実は、このとびまつ森の会の“森”というのは同校の裏山になるのですが、神戸市内の中学校で唯一“学校林”として森を所有しています。この森を活用して夏の自然体験教室、子育て支援グループの支援、六甲山系グリーンベルト整備事業の「森の世話人」としての活動などを展開しています。そして、もう一つは学校の中に2カ所、学校の入り口近くに1か所の菜園を運営しています。余談ですが、私が10年ほど前にはじめて訪問した時は、後者の学校入り口付近の菜園しかなかったのですが、参加者も増え、菜園も増えて行った模様です。 

ここで、毎週1回「コミュニティ朝一」といいますか、いわゆるとびまつ森の会の菜園活動で育成、収穫した野菜を地域の方々に販売しています。聞くと「好評で、私たち作って入る者にも、まわって来ないときもあります」と、菜園の世話人のWさんの説明です。さて、ここで「MOTTAINAIやさい便」の出番です??

「売りものにはならない(正確には、「売る訳には行かない!」)、規格外品といいますか、食品ロスとなる野菜はありますか?」「ウクライナやロシアから神戸に避難している人たち、ベトナムやミャンマー、アフガニスタンからの難民や技能実習生たちに、“MOTTAINAIやさい便」として、規格外品かもしれないけれど、食べる上では何の問題もない、新鮮でおいしい野菜を届けています。定価より安く売ってくれませんか?」と恐る恐るお願いすると、「青物は難しいけれど、タマネギなら少しありますが・・・・・」ということで、30個余りを頂戴してきました。「規格外品なので、お金は貰えません!」とかたくなに拒否されたのですが、「とびまつ森の会の活動への寄付ということで受け取って下さい。」と納得して頂きました。今、タマネギは1個170円~190円し、消費者にとっては”野菜のダイヤモンド“になっています。Wさんは、規格外品として籠に入れてあった中から、丁寧に1個1個を検品しながら、「こんな風に”足首美人“といいますが、ここがキュっと絞られているのが美味しいの!」「大きくなりすぎているのはダメ!タマネギは放っておくと、どんどん大きくなります」とタマネギにも「ゴメンね!」と語るように選別してくれました。

ほんとうに「MOTTAINAI」話です。以前、ワンガリ・マータイさんが日本をはじめ世界中に広げられた「MOTTAINAI運動」には、「尊敬する」という意味もあることを思い出し、「これだ!」と納得し、凄い学びを得たような気がしました。
(村井)

*ご寄付のお願い
「MOTTAINAIやさい便」では、若者たちと一緒にウクライナからの避難者、アフガニスタンからの退避者、在日ベトナム人留学生や技能実習生などに新鮮で美味しい野菜を提供しています。ご寄付は野菜購入や配達のガソリン代などに活用させていただきます。ご協力のほどよろしくお願いします。

No.11-ウクライナ編⑧

CODE未来基金のメンバーとして、昨日、MOTTAINAIやさい便をウクライナの方に一緒に届けた学生、髙野史織さん(園田学園女子大学3年生)の感想をご紹介します。

***************************************

2022年6月20日(月)に、私はCODEの「MOTTAINAI やさい便」に参加させていただき、子ども食堂とウクライナから日本に避難してきた方に野菜を届け、お話をお伺いする貴重な機会に参加させていただきました。今回はその中でウクライナ人とのお話の感想をお話しさせていただきます。

私は今回の活動に参加する前、あることを感じていました。それは同じ地球に住んでいるため、他人事ではないとニュースを見て感じていました。ニュースでウクライナ情勢のことを毎日報道しているが、正直私自身分からないことが多々ありました。でもウクライナのことをニュースで報道されていることとは違う視点、例えば今何に困っているのか、何を求めているのか、に視点を置いて考えてみることが今の私にできことの一つなのではないだろうかと思ったため参加することに至りました。
テレビで見ると、ウクライナやロシア情勢のことが報道されている一方で、当事者一人ひとりの声が私たちに届いていないのが現状だと思います。一人ひとり抱えている問題は違います。話を丁寧に聞く必要があると感じていたため、今回の活動を通じてそれを意識しながらお話を伺うことができました。

午前中にお会いしたMさん(28歳)に初めてお会いした時、吉椿さんが「こんにちは。元気?」と尋ねたところMさんの一言目は「疲れました」でした。Mさんのお母様が幸い日本に避難してきたのですが、日本語が全く話せずMさんが通訳をしています。Mさんはずっと笑顔に振る舞っていましたが、話を聞いていくうちに仕事や家族の世話、通訳などによって身体的、社会的、精神的に疲れが溜まっているのではないだろうかと感じました。そこで、吉椿さんが日本人とウクライナ人の交流会(ピクニックやBBQなど)の話を振ったところ、「ピクニックいつしますか?!」と大喜び。私たちは、交流会を通じてMさんをはじめとするウクライナ人とのコミュニティづくりやウクライナ人のちょっとしたストレス発散につながることを望んでいます。

午後に伺ったのは、日本で結婚した神戸に住むNさん宅。そこには、Oさん(40代)、娘のPさん(15歳)、父(74歳)がウクライナ西部テルノーピリから4月に日本に避難してきました。
Nさん宅で印象に残っている会話は、
吉椿さん「Oさん(Nさんのお姉さん)、仕事見つかるといいね」
Nさん「仕事はどこで見つけたらいいか分からない。仕事を見つけるには、まず日本語がわからないと難しい。市は、子どもの学費は出してくれるが、仕事に対しての支援は出してくれない。やはり日本語が分からないと仕事を見つけるのは難しいです」言っていました。言葉の支援がきちんと整っていると仕事ができる環境が整います。Google翻訳を使用しても言葉のニュアンスが異なり、思うように会話ができないことがあります。
Google翻訳は、多くの言語に対応していますが、文化や慣習の違いを認識することはできません。そのため、もし、言語を外国の言語に翻訳する場合は、その国の文化や慣習を私たち自身が意識することは大切であると感じました。今後、交流会を実施することになれば、この問題を意識して日本とウクライナの文化や慣習を知ろうとする姿勢を持つ必要があると考えます。
また、Nさん宅で驚いたことが一つありました。それは、保険手続きのお知らせが届く一方で、年金支払いのお知らせが届いていたということです。避難してきたウクライナ人は、30年40年も日本に住むわけではないのに年金支払いを請求されていて行政との”ズレ”が生じていました。行政は、ウクライナ人が求めていることを何も知らないのではないだろうかと疑問に思いました。これだけニュースでウクライナ情勢のことを報道しているのに行政は本当にウクライナ人に耳を傾けているのか、と。このことから、私が感じたのは、行政もまずウクライナ人が”今なにを求めているのか”をきちんと理解することが必要であると思います。年金請求の知らせを受け取ったウクライナ人が区役所などに「お金を払える余裕はない」と声を上げるだけでなく、私たち日本人もウクライナ人の声をSNSを通じて発信していく必要があると思いました。

今回の活動で、日本に避難してきたウクライナ人が何に困っているのか、何を求めているのか知ることができました。このような活動を1人でも多くの方にも知ろうとする姿勢を持っていただきたいと思います。難しい場合には、ニュースなどで報道されていることに何か疑問を持って自分なりに考え、調べてみたり、このようなウクライナ人の”声”が書かれたFacebookの投稿などを共有・拡散することもウクライナ人のための大きな行動だと私は思います。今この文章を読んでいただいている皆さんの行動がウクライナ人の今後の生活につながっているといっても過言ではないと思うので、どうかウクライナやロシア情勢のことを他人事とは思わずに考えてみてください。
宜しくお願いいたします。
(園田学園女子大学 人間看護学科3年 髙野史織)

*ご協力のお願い
「MOTTAINAIやさい便」では、若者たちと一緒にウクライナからの避難者、アフガニスタンからの退避者、在日ベトナム人留学生や技能実習生などに新鮮で美味しい野菜を提供しています。ご協力お願いします。

No.10-モルドバ編①「国籍と人」

「うあ~ビーツだ。これすごい好きなの」と語るのは、神戸市内に住むウクライナ人、Oさん。13歳、6歳、4歳の子どもをたった一人で育てるシングルマザーです。仕事で子どもたちに英語を教え、帰宅してからはわが子の世話で、「くたくたで、帰ってきて何もできないの」と最近痛めた腰を擦りながら語ります。

仕事と育児に疲れたOさんを支えるために3ヶ月前にモルドバからお母さんがサポートにやってきました。
「私たちは国籍はモルドバだけど、ウクライナ人なの」と言います。モルドバの75%はルーマニア系ですが、ウクライナ人も6~7%、ロシア人も4%いると言われています。
今の国境線で歴史や民族、人の関係性を単純に語ることができない事を教えてくれます。この戦争でどんな想いを抱えているのでしょうか。
Oさんは最後に「最近、ウクライナから避難してきた人がいるの。友達もほとんどいないので大変なので、紹介してもいいかしら?」と言ってくれました。公助も届かず、人知れず困っている人にこうやって着実につながっていきます。
(吉椿)

*ご協力のお願い
「MOTTAINAIやさい便」では、ウクライナからの避難者、アフガニスタンからの退避者、在日ベトナム人留学生や技能実習生などに新鮮で美味しい野菜を提供しています。ご協力お願いします。

No.9-ベトナム編①「困窮する在日外国人」

神戸市にベトナム人の若者たちが集まる仏教寺院がある。その名も「和楽寺」。
日本での生活に悩みを抱えたり、行き詰った留学生や技能実習生の若者たちをサポートするのが、住職、チーさん(31歳)。2015年に日本語を学ぶために来日し、先代住職の元で仏教を学び、僧侶として在日ベトナム人たちを支え続けています。

チーさんがサポートするのは、1970年代にボートピープルとして来日した1世とその子どもや孫の2、3世たち、近年増加している留学生や技能実習生たちです。2020年からはコロナで困窮している留学生や技能実習生たちに、生活用品を提供したり、行き場をなくした人たちを寺に受け入れ、共に生活してきました。コロナ禍で受け入れた人数は50人に上るそうです。まさにベトナム人たちの「駆け込み寺」になっています。

チーさんの活動の一助になればと、昨年からCODE未来基金の学生たちが「MOTTAINAやさい便」で丹波の野菜を届けてきました。在日ベトナム人たちの置かれている状況をチーさんにお聞きすると、「コロナで留学生たちのアルバイトができなくなったり、学費が払えなくなったり、就職の内定取り消しになったり・・・」と言います。また、給料の未払いやいじめなどの技能実習生の置かれている厳しい状況も教えてくれました。チーさんは技能実習制度には問題がかなり多いと語ります。
詳細は次回お伝えします。
(吉椿)

*ご協力のお願い
「MOTTAINAIやさい便」では、ウクライナからの避難者の方々、アフガニスタンからの退避者の方々、在日ベトナム人留学生や技能実習生などに新鮮で美味しい野菜を提供しています。ご協力お願いします。

No.8-ウクライナ編⑦

CODE未来基金のメンバーとして、MOTTAINAIやさい便をウクライナの方に届けている学生、山村太一さん(神戸学院大学4年生)から報告が来ましたのでご紹介します。

***************************************

5月16日と6月2日の二回、私はCODEの「MOTTAINAIやさい便」に参加させてもらいウクライナから日本に避難してきた方に野菜を届け、お話を聞く機会がありました。そのような貴重な機会に私も参加させていただき、ありがとうございました。今回は、その二回を通して、私が感じたこと考えたことを自分の中だけで終わらせないために文章にして共有していきたいと思います。

私は、CODEの「MOTTAINAIやさい便」に参加させてもらって、まず感じたのは、メディアで報道されていることは、ほんの一部で大枠であり、一人一人の声を聞いていくとやっとその詳細が分かっていくことがわかりました。

5月16日にお会いしたMさんの弟さんは、4月に日本に来ました。それまでは、ポーランドで仕事をしており、ロシアの侵攻を聞いてウクライナに戻って戦おうと思っていたそうですが、お姉さんがいる日本に避難してきました。特に弟さんが言ったなかで、印象に残っているのが「未来のことは分からない、今はまだ日本にいたい」です。その言葉に、私は弟さんの様々な思惑の全て詰まっているように感じました。私と弟さんの年は、あまり変わらないからこそ、その重たい表情から語られる言葉が非常に重く感じました。

その他に感じたのは、弟さんが話す言葉を直性的に聞き理解したいと思ったのですが、ウクライナはウクライナ語を話し英語も日本語も話せません。ここに大きな言葉の壁=心の壁も感じました。ウクライナを支援していく上で、言語の支援は必要不可欠であることを学びました。言葉の支援が十分に整うと、仕事もできるようになり次へと繋がっていくと考えました。

6月2日にお会いした方は、もう日本に10年以上住まれておられる女性で、その方のお姉さんと姪っ子とお父さんが避難してきました。その3人にも「困っていることは何ですか?」と尋ねると同じように日本語が分からないと言語の問題を言っていました。その他には、電車の乗り方が分からないや毎日毎日が暇なので仕事がしたいが挙がりました。これらの問題の根本的なところにあるのが、やはり言語の問題と考えます。

これらの問題解決のために、日本語学校に通うとか日本語を勉強する機会を提供するのも大事ですが、私たち自身が、もっともっと身近にウクライナの方が避難してきていることを知るべきだと思います。知るために、ウクライナの方との交流会を開いたりすれば双方にメリットがあると考えます。

ウクライナと日本の共通の話題が難しいようにも思えますが、ウクライナの方はネイルが好きだったり、意外と芋焼酎を飲んでいたりと思わぬ発見がたくさんありました。ウクライナのことについて、ロシアに侵攻されてポーランドやヨーロッパに逃げている、私たち日本人とは関係がないと思いがちです。実際に、私もこの「MOTTAINAIやさい便」に参加するまで、ウクライナとは、どこか自分とは関係のない遠いイメージがあった。毎日のメディアで報道されていることだけでは、身近に考えるのが難しい。だからこそ、今回の一番の収穫は、ウクライナ、戦争を身近な存在であると認識して、自分自身の意識を変えることができたことだと思っています。
(神戸学院大学現代社会学部社会防災学科 山村太一)

*MOTTAINAIやさい便では、ウクライナの食材であるディルやビーツを作っている方で安価で提供していただける方を探しています。またはそのような方をご存知の方がいましたら、CODEまでご一報ください。

No.7-ウクライナ編⑥「言葉と食」

先日、通訳ボランティアのKさんと共に神戸市内に避難してきたOさん(28歳)に「MOTTAINAIやさい便」をお届けしました。
これまでにOさんには何度か野菜を届けていましたが、日本語や英語を解さないOさんの事情がほとんど分かりませんでした。今回はKさんの見事な通訳のおかげで、Oさんがどのようにして日本に来たのか、日々どのように暮らしているのかがわかってきました。

Oさんは、ウクライナ北西部ドゥブノから義理の姉Nさん(35歳)とその娘D(12歳)ちゃんと共にポーランド経由で日本に避難してきました。「西部の故郷の街は、戦地にはなっていないけど、北のベラルーシから攻めてくるかもしれないから怖いわ」と言います。
日本に住む義姉を頼って4月に神戸に来ました。Oさんは、戦争前にも2度日本に来た事があるので、生活には慣れてきたそうですが、姪のDちゃんが「食べものが合わない」と語ります。ロシアやウクライナの食文化に詳しい通訳Kさんは、「ディル(ハーブ)やビーツがあるとボルシチも作れてきっと喜ぶと思うわ」と教えてくれました。食は人の体を作り養いますが、故郷の味は心も潤してくれます。

通訳としてご協力いただいたKさん、ありがとうございました!
(吉椿)

*MOTTAINAIやさい便では、ウクライナの食材であるディルやビーツを作っている方を探しています。または作っている方をご存知の方がいましたら、CODEまでご一報ください。

No.6-ウクライナ編⑤「することがない」

Oさん(40代女性)は、娘のPさん(15歳)、お父さん(74歳)とともにウクライナ西部テルノピリから4月に日本に避難してきました。

「毎日、低空飛行する戦闘機や爆撃音がものすごいストレスで…」とテルノピリは戦地にはなっていませんが、故郷の張り詰めた空気がOさんたちを避難へと駆り立てました。Oさんたちは、日本で結婚した妹Nさんが住む神戸へとやってきましたが、SNSで知った住宅会社が半年間無償で提供するマンションで暮らしています。ただ、高齢で持病のあるお父さんはNさん宅で一緒に住んでいます。

野菜を届けたこの日、Oさん母娘は妹Nさんのマンションまで40分かけて歩いて来ました。歩いて大変ですねと声をかけると「大丈夫よ。だってする事がないし」、「毎日起きて、ご飯作って食べて、また寝るだけで太っちゃうから」と笑います。

日本に来たのはいいけど、言葉も通じない、電車にも乗れない状況で、時間をもて余しています。「皿洗いや倉庫の棚おろしなど言葉を使わなくてもいい仕事があるといいのに」とこぼします。
(吉椿)

*ご寄付、自転車提供のお願い
「MOTTAINAIやさい便」では、ウクライナからの避難者の方々、アフガニスタンからの退避者の方々、在日ベトナム人留学生や技能実習生などに新鮮で美味しい野菜を提供しています。また、自転車(防犯登録証つき)のご提供も引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。

No.5-ウクライナ編④「住居の不安」

「先の事は誰にもわからないよ」と彼は言いました。

ウクライナから4月に神戸市内に避難してきたVさん(25歳)は、初めて会った時、ずっと下を見てうつむいていました。「戦争で故郷を奪われた人はこんな表情をするのか」と時折顔を上げた時の彼の顔が今も忘れられません。ウクライナに戻って戦おうとした事、言葉も通じない日本に来た事がVさんをこんな表情にさせたのかもしれません。

中でも彼を悩ませるのが、「住居」です。今、彼は民間の企業の提供したアパートで暮らしています。でも日本語のできる姉の家から離れているので、アパートには帰らずに姉の家で寝泊まりする事もあるといいます。

「今のアパートは3か月だけなので、7月には退去しなくてないけない」と不安を隠せません。県のサポートで次の住居を探していますが、姉の家の近いで公営住宅の空きがない事や公営住宅にシャワーがない事などが理由で次の住居が見つかっていません。期限が刻々と迫る中、Vさんは姉の職場の紹介で仕事を見つけ、必死に日本語を勉強しています。

先の見えない中でたくましく生きて行こうとするウクライナ人がいます。
(吉椿)

*ご寄付、自転車提供のお願い
「MOTTAINAIやさい便」では、ウクライナからの避難者の方々、アフガニスタンからの退避者の方々、在日ベトナム人留学生や技能実習生などに新鮮で美味しい野菜を提供しています。また、自転車(防犯登録証つき)のご提供も引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。

No.4-ウクライナ編③「避難者家族の困窮」

ウクライナから神戸市内に住む姉Mさん(27歳)を頼って避難してきたVさん(25歳)。日本に来る時に持っていたのは、あまり調子のよくない携帯電話と所持金3万円(日本円換算)のみだったそうです。ポーランドから日本までの旅費はすべて姉のMさんが働いている会社から借金したそうです。

ロシア軍の侵攻がなければ、Vさんは婚約者のSさん(23歳)と7月に結婚する予定でした。SさんはVさんのお母さんと一緒にポーランドに逃れ、Vさんと二人で日本に来ました。二人はまだ正式には夫婦ではないので、日本にいて何かと不便なのでしょう、近々東京のウクライナ大使館に行って結婚証明書を発行してもらうそうです。神戸から東京までの旅費、宿泊費はすべてMさんが負担しなくてはなりません。また、来月にはお母さんがポーランドから日本に来るそうです。

Mさんは、幼い子どもを抱え、シングルマザーとして神戸で働いています。日本での自分の暮らしもある中で、ウクライナから避難してきた家族3人を支えるMさんが今後困窮していかないかが懸念されます。

Mさんはもちろん、Vさん、Sさんは一時金や生活補助金などの公的な現金給付は全く受け取っていません。前日お会いした際に、「今から保育園の迎えなの。」と足早に去っていくMさんの後ろ姿からその苦労が見えた気がしました。
(吉椿)

*ご寄付のお願い
「MOTTAIAIやさい便」では、ウクライナからの避難者の方、アフガニスタンからの退避者の方々、在日ベトナム人留学生や技能実習生などに新鮮で美味しい野菜を提供しています。ウクライナの避難者や受け入れたウクライナ家族の中には、公的支援をほとんど受け取れず、困窮する方も出てきています。ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

No.3-アフガニスタン編①「アフガニスタンとウクライナ」

昨年8月のアフガニスタンでのタリバンによる全土制圧によって、国外に退避した人、退避することさえできない人もいます。CODEのカウンターパートの家族も退避することができずに今もアフガニスタンで身を潜めるように暮らしています。

昨年、神戸市内に避難してきたSさんにもこの「MOTTAINAIやさい便」を届けています。昨日、Sさんからのお招きいただき、アフガニスタン料理をふるまっていただきました。美味しい料理をいただきながら、アフガニスタンの文化や暮らしなどを聞いたり、楽しい時間を過ごすことができました。
でも、アフガニスタンに残してきた妻や4歳の子どもの話になると表情が曇ります。当初は日本に呼び寄せるはずでしたが、最近は、「難しいですね。日本に来ても言葉もわからないし、日本に馴染みもないし・・・」と語ります。英語が堪能で日本に関心の高い彼は、驚くほどのスピードで日本語が上達していますが、家族は同様にはいきません。

話がウクライナの話題になると、英語も日本語もできないウクライナの避難者の方と自分の家族の姿を重ね合わせたのか、頭を抱えるように「難しいね~」とつぶやいていました。そして「家族に会えなくて寂しいけど、アフガニスタンには帰りたくない」とも言っていました。アフガニスタンから日本に来て「安全」な暮らしを得られるのかもしれませんが、決して「安心」な暮らしが保証されている訳ではありません。

日本政府は、ウクライナからの避難民に対しては、いち早く受け入れを表明し、在留許可や就労、生活補助金など手厚い特例措置を行い、民間企業なども住居や生活用品の提供など様々な支援を実施しています。他方、アフガニスタンからの退避者にはそのような支援はほとんどありません。ウクライナへの特例措置が、アフガニスタンで今も苦しむ人たちへも適用されることを願ってやみません。

ウクライナだけでなく、アフガニスタンも忘れないでください。
(吉椿)

*ご寄付のお願い
「MOTTAIAIやさい便」では、ウクライナからの避難者の方、アフガニスタンからの退避者の方々、在日ベトナム人留学生や技能実習生などに新鮮で美味しい野菜を提供しています。ウクライナの避難者を受け入れた在日ウクライナ人の中には、公的支援をほとんど受け取れず、困窮する方も出てきています。ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。