CODE海外災害援助市民センター

CODE海外災害援助市民センター

CODE海外災害援助市民センター

CODE海外災害援助市民センター

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに
「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。

English Page Link

お問い合わせ:info@code-jp.org

メールアプリを起動

文字サイズ:

Event

イベント

最新のイベント情報

コロナとこれからの市民社会に向けて~SDGs・若者・災害の視点から~

新型コロナウイルスの世界的パンデミックの中、各地で第2波も出始め、ロックダウンを再開している地域も増えており、いまだ収束の兆しすら見えていません。
このコロナ禍においてNGO・NPOは、新たな支援のあり方、市民社会の役割を問われています。国内外の様々な支援の現場からコロナ禍におけるそれぞれの活動をご報告いただき、「SDGs」「若者」「災害」の3つ視点からこれからの市民社会について考えます。
イベントチラシ(PDF)

第1回 コロナとSDGs

日時:2020年11月22日(日)14:00~16:00
スピーカー:三輪敦子さん(関西NGO協議会代表理事・ヒューライツ大阪所長)
世界共通の課題であるSDGs(持続可能な開発目標)の視点でコロナ禍や人権について考えます。

第2回 コロナと若者

日時:2020年12月20日(日)10:50~12:00
スピーカー:
 アジア協会アジア友の会(アジアユースサミット)
 ワン・ワールド・フェスティバル for Youth
 CODE未来基金
コロナ禍を若者の視点で語り、Withコロナの時代をどのように乗り越えていけばいいのかを若者と語ります。
※ワン・ワールド・フェスティバル for Youth の企画として実施

第3回 コロナと災害・気候変動

日時:2021年1月16日(土)14:00~16:00
スピーカー:
 伊与田昌慶さん(気候ネットワーク主任研究員)
 寺本弘伸さん(日本災害救援ボランティアネットワーク常務理事)
多発する自然災害の原因のひとつでもある気候変動とコロナ禍での災害支援を考えます。

各回共通

コーディネーター:吉椿雅道(CODE海外災害援助市民センター事務局長)
方 法:Zoomによるオンライン開催
参加費:無料

お申込み、お支払い:
CODE事務局へのご連絡、または参加フォームにてお申し込みの上、
こちらのページより、クレジットカード、郵便振替、口座送金のいずれかで参加費をお支払いください。
※通信欄に「コロナ第〇回」とご記入ください。
確認が取れましたら、お申込みいただいたメールアドレス等に今回の報告会のZoom ID、パスワードをお送りいたします。

過去のイベント情報

これまでに開催したイベントの一覧はこちらから