CODE海外災害援助市民センター

CODE海外災害援助市民センター

CODE海外災害援助市民センター

CODE海外災害援助市民センター

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに
「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。

English Page Link

お問い合わせ:info@code-jp.org

メールアプリを起動

文字サイズ:

未来基金 応募について

CODE未来基金について

CODE海外災害援助市民センターは20年間にわたり海外の被災地支援を行ってきました。阪神・淡路大震災から20年という節目を迎えた2015年、CODEは次世代を担う若者に注目し、彼ら彼女らを支えるために「CODE未来基金」を設立しました。「CODE未来基金」は災害救援を主たる目的とするNGO(以下「災害NGO」)で働きたいという意志のある若者をサポートするための基金です。

「災害NGOで働きたい」「災害NGOで社会を変えていきたい」という想いを持っていても、将来や生活を考えると職業として選ぶことは難しいという若者がたくさんいます。また「NGOというものがあることは知っているが、触れる機会がない」「NGOに必要なスキルが何かわからない」と、一歩を踏み出せない若者もいます。

「CODE未来基金」では若者がNGOで働くという生き方を安心して選べる環境をつくっていきます。一緒に多様な働き方が選択できる現在、未来をつくり上げていきませんか。

CODE未来基金の目的

○ 災害救援NGOで働くことをめざす若者をサポートすることで、次世代のNGOを担う人材を広げます。
○ 若者がNGOに関心を持つ機会を広げ、NGOを若者が実現したいことを叶える場としていきます。
○ 若いNGOスタッフが日々の生活や将来を設計し、安心して働くことが出来るような環境をつくります。
○ 就職活動の際にNGOで働くことが選択肢の一つになるような社会をめざします。

CODE未来基金の仕組み

未来基金の仕組み

CODE未来基金の応募方法

申し込みをお考えの方は、まずは一度CODE海外災害援助市民センターまでお問い合わせください。申し込みに向けての説明を行います。
(事前のご連絡がなく、申請プログラムが基金の意図と合わない場合、審査対象から外れる場合があります。)
その後、各応募書類を作成の上、締切日までにCODE海外災害援助市民センターまで郵送、メール送付、または事務所への直接持ち込みにてご提出ください。

各プログラムの応募概要

未来基金 インターンシップの概要

CODEもしくはそれに準ずる災害救援NGOで3ヵ月から最大6ヵ月のインターンシップを行います。将来、NGOで働くことを決めている、視野に入れている方を対象としたインターンシップです。

応募書類
○未来へ続くインターンシップ申込書(PDF/102KB)(Word/17.6KB)
○履歴書(PDF/116KB)(Word/30.8KB)
○在学証明書(プログラム実施予定時点で学生の方のみ)
○語学、資格証明書のコピー
○保護者同意書(プログラム実施予定時点で未成年の方のみ)

若者が企画するフィールドワーク

未来基金 フィールドワーク 概要

CODEがこれまで支援した国・地域を対象としたフィールドワークを、若者が主体となって企画・実施するプログラムです。「CODEが行う被災地支援を知りたい」「海外の現場でのNGOの働きを見たい」「現地の方のお話を聴きたい」という方のためのフィールドワークプログラムです。

応募書類
○若者が企画するフィールドワーク申込書(PDF/112KB)(Word/17.9KB)
○履歴書(PDF/116KB)(Word/30.8KB)
○在学証明書(プログラム実施予定時点で学生の方のみ)
○語学、資格証明書のコピー
○保護者同意書(プログラム実施予定時点で未成年の方のみ)

若者と学びあうNGOセミナー

未来基金 セミナー概要

NGOや災害、国際協力をはじめ様々な分野の講師を招いて行うセミナーを、若者が主体となって企画・開催するプログラムです。「○○についてもっと学びたい」「○○先生のお話が聴きたい」という方のためのセミナープログラムです。

応募書類
○若者と学びあうNGOセミナー申込書(PDF/108KB)(Word/17.8KB)
○履歴書(PDF/116KB)(Word/30.8KB)
○在学証明書(プログラム実施予定時点で学生の方のみ)
○語学、資格証明書のコピー
○保護者同意書(プログラム実施予定時点で未成年の方のみ)

プログラムへの参加のステップ

未来基金 プログラム参加のステップ

CODE未来基金にご協力ください

未来基金サポーターを募集しています。会員としてCODE未来基金を、災害NGOの未来をともにつくっていく方を募集しています。サポーターが若者と学びあう場もつくっていきたいと思っています。

CODE未来基金サポーター:1口1000円/年

■寄付で金銭的に支える
ご寄付という形で、CODE未来基金を通じて若者の未来を一緒に支えてくださる方を募集しています。

※お振り込みいただく際は、サポーターの申し込みの方は「未来基金サポーター」とご寄付の場合は通信欄に「未来基金寄付」とご記入下さい。

★郵便振替
郵便振替:00930-0-330579
口座名義:CODE

★ゆうちょ銀行
支店番号:〇九九店
店番:099
当座:0330579
口座名義:CODE(コード)

※口座名義をカタカナで指定されている場合は名義人に「コード」とご記入ください。

★近畿労働金庫
支店名:神戸支店
支店番号:642
口座番号:8881040(普通)
口座名義:CODE海外災害援助市民センター

★クレジットカード
1000円単位でご寄付いただけます。
ご寄付するプロジェクトの指定がございましたら決済ページの備考欄にご記入ください。
※備考欄に「未来基金」または「未来基金サポーター」とご記入ください。

   
  ~クレジットカードご使用のご案内~
  対応クレジットカード
  ・ご利用いただけるクレジットカードは、VISA、Master Card、JCB、アメリカン・エキスプレス、
   ダイナースクラブです。
  ・カードによってはお取り扱えない場合がございます。ご了承ください。
  
  決済、個人情報のお取り扱い
  ・通常、お振替え日はお申し込み日の翌月となります。ご利用明細にてお確かめください。
  ・ご入力いただく個人情報は、事前のご承諾なく第三者にへ開示されることはございません。

申込み説明会

CODE未来基金への募集を考えている方を対象とした個別説明会、相談会を随時行います。申し込みを考えている方だけではなく、とにかく詳しい説明を聴きたい方、海外の被災地に興味がある方、「憧れの人の話を聴いてみたい」という理想がある方など、どなたでもお気軽にご連絡ください!

CODE未来基金に関するお問合せ

CODE未来基金に関するお問合わせ
 CODE海外災害援助市民センター
  TEL:078-578-7744 
  FAX:078-574-0702
 E-mail:info@code-jp.org