1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。
団体ロゴ

37.パキスタン北部地震

 発生直後には、インドのジャンム・カシミール地方で活動したインドのNGO「SEEDS」、パキスタンのバラコットで活動した日本のNGO「日本国際ボランティアセンター」を通じて緊急支援を行いました。

 その後はスタッフが現地入りして震源地付近のムザファラバード、マンセラ、バラコット、バタグラム、バーグなどを中心に調査を重ねました。山あいの被災地ムザファラバードで出会った女性たちの中に、働き手である夫や息子を亡くし、得意の手芸によって暮らしを営もうとしている人たちがいました。刺繍や編み物など、とても細やかで美しい手仕事で、周囲の女性たちから「私もやりたい」との声が上がったことから、これを職業として生計を向上できるようにサポートする職業訓練センターの建設が決まりました。完成後は、手芸の上手な方が先生として地域の方に教えています。

終了した災害救援プロジェクト MAP (国別にご覧の時は目印をクリックしてください。)


より大きな地図で CODE を表示

終了した災害救援プロジェクト 地域別一覧(災害名アイウエオ順)




CODEについて
CODEとは
団体概要
CODEの歩み
事業報告
CODEの活動
現在のプロジェクト
過去のプロジェクト
活動レポート・ブログ
 World Voice
 災害を忘れない
ご協力方法
会員になる
寄付する
ボランティアする
勉強会を開く
イベント・ライブラリ
イベント・寺子屋
ニュースレター
10周年シンポジウム
リンク
アクセス
現在のプロジェクト
アフガニスタン
中国四川省
ハイチ
中国青海省
フィリピン