1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。
団体ロゴ

42. ミャンマー サイクロン・ナルギス

災害概要&地図


◆災害の概要
発生時期:2008年5月2日
被  害:死者8万4500人
     不明者5万3800人
活動期間:2008年5月3日~
     2010年1月
募金総額:4,967,988円
医療NGO「HuMA(災害人道医療支援会)」の井戸掘りプロジェクトを支援し、水不足が深刻であったエラワディ管区モラミャインジャン地区に8基の井戸が掘られました。また、1年後に被災地で食糧不足の問題が浮上し、現地NGO「メッタ」を通じて食糧支援を行いました。


プロジェクト内容

サイクロン「ナルギス」の被害は、国際社会への発信の遅れと、ミャンマー軍事政権の他国からの支援を拒んで来たため甚大な被害となりました。CODEは、正会員である鵜飼卓医師が当時理事長を務めていたNGO「HuMA(災害人道医療支援会)」を通じて、水不足が深刻であったエラワディ管区モラミャインジャン地区の井戸掘りプロジェクトを支援し、合計8基の井戸が掘られました。井戸ができたことで同被災地の住民は、遺体や農薬の流れ込んだ川の水を利用せずにすむようになり、大変喜んで下さったという報告を受けました。 また、その後も、サイクロン発生から1年以上が経過したにもかかわらず、食糧不足で飢餓状態を招いていたことから、ミャンマーに詳しいCODEスタッフTの提案で、被災地域に対する緊急食糧支援を呼びかけました。現地カウンターパートのNGO「メッタ」を通して9月、ピンサール地区の3241人に20日分の米を配りました。また、2010年1月にもピャーポン地区の380人に24日分の米を配り、この災害に対するプロジェクトは終了しました。

 

コラム&ライブラリ

今後アップしてまいります。楽しみにお待ち下さい。

現在の災害救援活動


より大きな地図で CODE を表示



CODEについて
CODEとは
団体概要
CODEの歩み
事業報告
CODEの活動
現在のプロジェクト
過去のプロジェクト
活動レポート・ブログ
 World Voice
 災害を忘れない
ご協力方法
会員になる
寄付する
ボランティアする
勉強会を開く
イベント・ライブラリ
イベント・寺子屋
ニュースレター
10周年シンポジウム
リンク
アクセス
現在のプロジェクト
アフガニスタン
中国四川省
ハイチ
中国青海省
フィリピン