1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。
団体ロゴ

ハイチ地震 救援プロジェクト(継続)

災害概要&地図


◆災害の概要
・日時:2010年1月12日午後4時53分
   (現地時間)
・震源: ハイチ共和国
    首都ポルトーフランス 南西約17km
・地震の規模: マグニチュード7.0
・被災者: 約350万人
・死者: 約22万2570人
・負傷者: 約30万572人
・避難者: 約230万人(最大時)
・損壊家屋: 18万8383戸
      (うち全壊:10万5000戸)
※ハイチ政府・UNOCHA発表 

より大きな地図で ハイチ を表示

プロジェクト内容

(1)初動支援:メキシコのパートナー・クワゥテモックさんの派遣
CODEは地震直後からメキシコ人研究員のクワゥテモックさんを現地に派遣し、約9割の建物が倒壊した最大の被災地レオガンを中心に支援活動を行いました。
haiti1 クワゥテモックさんと子どもたち

(2)女性向けマイクロファイナンス
現地NGO「ACSIS」が行うマイクロファイナンスプログラムを支援しました。女性の事業者が商売を再開するための資金を融資し、暮らしの再建に役立てていただきました。
ハイチの女性1 

(3)農業技術学校建設支援
現地NGO「GEDDH」が計画してきた農業技術学校の建設を支援しています。地元の団体と連携して学校運営のための顧問会をつくり、2014年9月の開校に向けて準備を行っています。
haiti2

(4)コミュニティセンター支援
首都ポルトープランスで、住民が集まりつながりを築く場としてコミュニティセンターの賃料を支援しています。「日本ハイチ協会(CUSOPHAj)」の拠点として使われ、日本文化教室なども行われています。ハイチを支援するNGOが情報共有するスペースとしても使われています。
●リンク 日本ハイチ協会Facebook

ハイチ地震に関するCODEのブログ

ハイチ地震 支援ブログ

コラム&ライブラリ

準備中です。楽しみにお待ち下さい。




CODEについて
CODEとは
団体概要
CODEの歩み
事業報告
CODEの活動
現在のプロジェクト
過去のプロジェクト
活動レポート・ブログ
 World Voice
 災害を忘れない
ご協力方法
会員になる
寄付する
ボランティアする
勉強会を開く
イベント・ライブラリ
イベント・寺子屋
ニュースレター
10周年シンポジウム
リンク
アクセス
現在のプロジェクト
アフガニスタン
中国四川省
ハイチ
中国青海省
フィリピン