ネパール地震救援ニュース No.57

「ネパールの大工、村に戻りました。ありがとうございました!」

 グデル村の若き大工、ニマ・シェルパさん(26歳)は、1か月半の日本での建築の学びを終え、先日無事グデル村に戻りました。稲見さんを通じて譲っていただいた加古川の熟練大工の貴重な道具もニマさんと共にグデル村に届きました。
 三木の大工、稲見さんによる道具のメンテナンス指導、神戸の寺社見学、津山の伝統構法住宅の見学、竹中大工道具館見学、京都の耐震パネルや魚谷さんによる町家の改修現場の見学や茅葺き実習、北さんによる耐震構造のレクチャーと実技指導、チームひょうごでの報告、食と国際協力でのお話など盛り沢山の内容で、あっという間に1か月半の日本滞在でした。
 ニマさんと最も長く時間を過ごした稲見さんは、ある日、ニマさんの学ぶ姿を見て「彼は素直だからノコギリの歯がスッと入っている」と語っていました。その言葉はニマさんの人となりを表していて、今回、ニマさんに出会った多くの人は、彼のものを学ぶ謙虚な姿勢やひたむきさ、静かな熱意を感じたことと思います。

 ニマさんは、帰国直前にこう語りました。「たくさんの事を学ばせてもらったことは必ず村の大工の仲間に伝えます。自分が今回日本で受けたこの恩を必ずネパールの再建のために役立てていきます。ありがとうございました」と。日本で学んだ伝統技術はニマさんによってネパールに伝えられていくことでしょう。
 現在、グデル村では住宅再建の最中で、ニマさんの技術を必要としている人たちが沢山います。彼は、今後大工としてだけでなく、村をよりよい方向へと導いていく役割を担っていくことと思います。

 今回の研修でご協力をいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

CODE海外災害援助市民センター事務局長 吉椿雅道

今回の研修でご協力いただいた皆さま:
稲見充典さま(稲見建設代表)、三木の職人の皆さま、
北茂紀さま(北茂紀建築構造事務所代表)、尾上結希さま(尾上組四代目棟梁)、
福島宏将さま(丸浩工業営業開発部)、魚谷繁礼さま(魚谷建築繁礼研究所所長)、
阿萬田嘉之さま(魚谷建築繁礼研究所)、佐野春仁さま(京都建築専門学校)、
荒木勇さま(アラキ工務店社長)、作事組さま、竹澤英明さま(淡路瓦工業組合)、
佃雅史さま(尚林堂堂主)、野水直哉さま(野水瓦産業)、竹中大工道具館、
廣本勝治・敏美さま(夢広の会)、チームひょうごの皆さま、
植田麻紀&シムさま(Guesthouse SOI)、Lakpa Sherpaさま(Royal Orchid Treks代表)、
村上忠孝さま(CODE海外災害援助市民センター理事)、
村井雅清さま(CODE海外災害援助市民センター理事)、被災地NGO恊働センターの皆さま

dscf9263-800x600 p1120323-800x600 dscf9516-800x600 p1120265-600x800

ネパール地震救援ニュース No.56

ネパール地震救援ニュース No.56
「三木の大工のもとで学ぶニマさん」

 ネパール・グデル村から来日中のニマ・シェルパさんが三木市の大工・稲見充典さんのもとで大工仕事を学びました。木材の元、末という木目の見方や継手の加工、譲っていただいた工具を使っての安全講習、ノミの研ぎ方などの道具のメンテナンス講習などを行いました。最近電気が通ったグデル村で電気工具が使われ始めましたが、慣れないために怪我人も出ているということで、村の大工の命を守るための安全講習が必要となりました。研ぎ石の種類だけでもネパールと違い、これまでネパールで学んだ以上の道具の繊細な扱いにニマさんは非常に関心をしていました。

加古川市に住んでいる大工を引退された方から「ネパールのために使っていただけるなら」とご厚意で、鋸やのみから電気工具まで多くの大工道具を譲っていただきました。今まで見たこともない様々な道具を前にして、ニマさんは目を輝かせて道具をどのようにグデルで役立てていくかをイメージしながら使い方を教わっていました。「前の持ち主の方は腕のいい大工だったのだろう」と稲見さんが言うように長く使われていながらもいい状態の道具が多く残されています。実際の日本の大工仕事を経験した古い家屋の屋根替えを手伝う際には、現場の空気を全身で感じ、現場で働く大工の仕事姿を見て所作を身につけています。ニマさんは日本で道具や技術、安全知識、考え方など多くのものを受け取っています。「日本の大工技術は今まで見たこともないものが多く、素晴らしいと感じるものがたくさんある。すべてが新鮮だ。村の他の大工さんにも伝えていきたい。」とニマさんは言います。「本当は研ぎを学ぶだけで3年。」と稲見さんが言うように、今回の研修の中だけではまだまだ学び足りていないことが多くありますが、今回教わった大工の基礎をネパールに帰って自ら技術を高めていくことでしょう。今回日本に訪れているのはニマさん一人ですが、グデル村や周辺の村の大工たちが彼から学ぶことで彼が受け取ったものは多くの大工たちに広がっていきます。(上野智彦)

dscf9451-800x600 dscf9429-800x600 p1120358-800x600 dscf9418-800x600 p1120346-600x800

ネパール地震救援ニュース No.55

「ニマさん、ディープな京都に触れる。」

ネパールのグデル村から来日しているニマ・シェルパさん(25歳)とラクパ・シェルパさんと京都を一泊二日で訪問しました。
京都で耐震パネルを製作している丸浩工業さんを訪問させていただきました。耐震パネルは京都大学防災研究所でもその耐震性が証明されており、すべて左官職人さんによって手作業で製作されています。土とセメント類と新聞紙を微妙な配合で練り込んで作られるパネルは非常に軽く、山間部のグデル村でも、地元の土やロクタ(ミツマタ)などで応用できそうで、ニマさん、ラクパさんも興味深々でした。

その後、清水寺や伝統建造物の保存地区でもある清水の産寧坂などを見学し、寺院の大きな柱や清水の舞台の木組みの驚嘆するニマさんでした。
その日は、四川地震支援でもお世話になったシムズのマキさんの経営するSOI Guesthouse に宿泊させていただき、シムさんお手製のシンガポール料理をご馳走していただきました。夜遅くまで時間を忘れて、マキさんやラクパさんと語り合いました。四川とネパールがつながった瞬間でもありました。

翌日は、ネパール地震後から様々な知恵の支援をいただいている建築家、魚谷さん(魚谷繁礼建築研究所)に伝統建築の講義をしていただき、模型を使って、戦前と戦後の建築構法の違いを説明していただきました。「昔の木造建築は、柱と梁で揺れてもたせ、現代は筋交いなどで固めてもたせる構造になっている。伝統建築の改修で揺れようとしているのに固めている家屋も少なくない。それを見極めて町家の改修をしている。」と魚谷さんの説明にニマさんは真剣な表情で聞き入っていました。その後、魚谷さんが手がけている町屋や長屋の改修現場を見学させていただきました。細い路地にある朽ちかけた長屋をシングルマザー向けにローコスト賃貸にイノベーションした現場や遊郭の跡地を改修して、流木細工やギャラリー、本屋など若いアーティスト達が共同経営する町家モール、町家をゲストハウスに改修している現場などを見学させていただきました。

普段見ることのない路地裏のディープな京都を見せていただき、ニマさんやラクパさんは、古いものを改修して新たな発想で再活用しようとしているところや魚谷さんの言う「日本の伝統建築が腐った部材を取り換えられるように自由度が高く、そうやって日本建築はメンテナンスをしながら残ってきた」ところに感心していました。地震で大きな被害を受けたバクタプルのネワール伝統建築家、ラビンドラ・プーリ氏もメンテナンスの重要性を指摘していました。(吉椿雅道)

p1120185_rp1120190_rp1120204_rp1120244_rp1120251_rp1120264_r

ネパール地震救援ニュース No.54

「ニマさんが耐震レクチャーを受けました」

 CODEが耐震住宅再建プロジェクトを行っているネパール国ソルクンブ郡グデル村の大工、ニマ・シェルパさん(25歳)が日本で建築を学んでいます。これまでにも神戸の寺社や竹中大工道具館、津山の伝統住宅の建築現場などで学んできていますが、10月26日、27日の2日間、CODE賛助会員でありグデル村のモデルハウス建設でも多くのアドバイスをいただいている北茂紀建築設計事務所の北茂紀さんを講師に耐震住宅についてレクチャーを受けました。レクチャーの中ではネパールの耐震基準(NBC202、203、204)を用いて、モデルハウスでも取り入れた木製バンドやスルーストーン、木組みなどのグデル村で学んだ技術を復習し、地震の際にどの部分に負荷がかかり、技術がなぜ有効なのかという構造の基礎を学びました。構造を理解することでニマさんの豊富な技術を適所に活かすことができるようになり、それらの知識がニマさんを通じて他の大工に伝えられます。また応用として「方杖」(垂直材と水平材が交わる所に斜めに入れる補強材)やバットレス(控え壁)などの屋内に広い空間を確保するための家屋の補強方法も学びました。今後グデル村の大工が耐震技術を伝えるパタンジェ村(夢広の会が支援)の集会所で用いられます。グデル村やこの日までに日本で学んだ構造の知識や技術を整理し、耐震の重要性を再確認することで、引き続き日本で学ぶための基礎ができました。ニマさん自身、グデル村でのプロジェクトに大きなモチベーションを得、日本で学ぶことをもっとグデル村に生かしてくれるでしょう。

2日目には事務所の中庭にある藤棚を使い、釘を使わず方杖を入れる実践レクチャーが行われました。北さんから方杖の効果や入れ方を教わりながらも、細かい加工部分やジョイントの工夫などは木材加工が本職であるニマさん自身が北さんと相談しながら新たなアイデアを提案していくなどオリジナル性を発揮していました。藤棚は方杖を入れたことで揺れや衝撃にも明らかに強くなり、耐震の効果を実感している様子でした。ニマさんの学ぶ姿勢、チャレンジする姿勢には毎回驚かされます。

今後も三木の大工さんのもとで伝統建築について学びます。ニマさんが学び、それをネパールの山村でどのように活用していくのか、今から非常に楽しみです。ぜひ応援してください。
(上野智彦)

dscf9216-800x600 dscf9256-800x600  dscf9324-600x800dscf9334-800x600

ネパール地震救援ニュース No.53

「ニマさんと日本の伝統建築」

 日本で伝統建築を学んでいるネパールグデル村の大工ニマさんは、10月22日、伝統構法の建築会社尾上組の岡山県津山市の現場を訪れました。建設中の伝統家屋を見たニマさんは石場立ての礎石から屋根の梁や軒先まで食い入るように観察していました。以前、CODEの派遣でグデル村を訪れた山本耕資さん(当時京都建築専門学校)が伝えた竹小舞が使われている家屋を見て、どのように竹小舞を使い土壁を仕上げていくのか納得した様子でした。釘を一本も使わず、住む人のためを考えて設計されたこの家屋に感心しており「日本の伝統家屋は素晴らしい」と何度も言っていました。
 ニマさんは尾上組四代目棟梁の尾上結希さんの説明を受けながらも、その技術をどのようにグデル村の家屋に活かすことができるかを考えており、高水準な大工の技術を持ちながらも貪欲に日本の技術を吸収しようとする姿勢は日本人の我々も学ばなくてはいけません。
(上野智彦)

dscf9163-800x600dscf9114-800x600

ネパール地震救援ニュース No.52

「ネパールの大工、日本で学ぶ!」

 CODEが耐震住宅再建プロジェクトを行っているソルクンブ郡グデル村の大工、ニマ・シェルパさん(25歳)が来日して2週間。初めての海外である日本での生活にも少し慣れてきました。これまでに三木の大工さんに道具のメンテナンス技術を学んだり、寺院などの伝統建築を見学したり、チームひょうごの報告会で報告をしたり、竹中大工道具館を見学したり、と非常に熱心に日本の技術を吸収しようと学んでいます。これまでに何に興味を持ったかと訊ねると、「日本の大工の道具の種類の多さに驚いた。」、「日本の寺院の伝統木造構法の建て方に非常に興味がある。」と語っていました。彼はまだ若いですが、非常に感性豊かに物を感じ取っているようです。我を忘れて夢中に写真を撮っている姿にネパールの希望を感じます。(吉椿雅道)

%e3%83%8d%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%ab52-1
日本の木組みに感じ入るニマさん(竹中大工道具館)

%e3%83%8d%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%ab52-2
寺院の伝統木造構造に興味をもつ(神戸市兵庫区)

%e3%83%8d%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%ab52-3
チームひょうごの報告会で話すニマさん(兵庫県立大学)

ネパール地震救援ニュース No.51

「ネパールの若き大工が本日、来日します !!!」

 CODEの支援している東ネパールのグデル村で一人の若き大工ニマ・シェルパさん(25歳)が、地震、そしてCODEの耐震住宅再建プロジェクトを通じて村に残る事を決意しました。グデル村で生まれ育ったニマさんは、田舎が嫌になって19歳で村を出ました。村出身者をたよってカトマンズに出ましたが、思うように仕事は見つからず転々としていたそうです。その後ヨーロッパのNGOの支援で職業訓練学校で家具作りを学び、家具職人として働いていたところ、地震が自分の故郷を襲いました。CODEのカウンターパートであるラクパ・シェルパさんの勧めで耐震住宅再建プロジェクトに参加しました。「故郷のために何か役に立ちたかった。」と語り、村に戻ることを決断しました。CODEのプロジェクトでは、ニマさんは、耐震補強に使う木材バンドの加工を担当し、彼なしでは木材加工が進まないというように、17名の大工・石工の中でも中心的な人物となりました。

 そのニマさんが本日(10/4)、日本に到着します。日本では、神戸を中心に伝統建築を学び、学んだ事をネパールに持ち帰ってもらいます。また、ニマさんにはネパール地震や耐震住宅建設プロジェクトについても語ってもらう場を設ける予定です。詳細は、後日連絡いたします。ニマさんやネパール被災者を支援する寄付・カンパ等も受け付けております。ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。(吉椿雅道)

p1100236_r p1100948_r
ニマさんの作業のようす                                 ニマさん(右端)とグデル村の若者たち

ネパール地震救援ニュース No.50

「耐震モデルハウスの完成とその後」

 CODEが支援する東ネパールのソルクンブ郡グデル村での「耐震住宅再建プロジェクト」
ですが、バンクタプルのクワパエンジニアリング大学のモーハンパント教授や北茂紀さん
(北茂紀建築構造事務所)などの専門家のお力添えもあり、無事完成いたしました。地元の
大工・石工たちが、耐震の知識や技術を学び、自らの手で作り上げました。途中何度も手直
しを行うなど完成に約半年間かかりましたが、その分、地元の資材や技術にこだわったこと
で大工・石工たちにしっかりと力がついたように思います。このモデルハウスは、今後、グ
デル村のヘルスポスト(保健診療所)の付属施設として、またコミュニティセンターとして
活用されます。モデルハウス建設と並行して行われている26棟の一般住宅の再建もまもなく
完了します。耐震の知識や技術を学んだグデル村の大工・石工たちは、12月には同じソルク
ンブ郡のパタンジェ村で建設されるコミュニティーセンターで技術の指導を行います。

 地震から1年半を経たネパールの被災地では、未だ2万人以上が仮設の住まいで避難生活を
送っています。山間部の被災した集落では、住宅再建どころか地滑りによって田畑や水源が
被害を受けたことから自給自足の農業さえ出来ない状態のところもあります。

 グデル村は、もっとも近い町から1000mの山々を二度登り下りしてようやくたどり着く場
所にあります。CODEは、今後もグデル村の自立に向けた中長期的支援を行っていきます。
この辺境の小さな村から少しずつですが、復興の兆しが見え始めています。CODEは、中心か
らではなく、辺境の「最後のひとり」から始めていきます。(吉椿雅道)

%e3%83%8d%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%ab1%e3%83%8d%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%ab2
地元の手で建設された耐震モデルハウス     中央エントランスは古木を再利用した

ネパール地震救援ニュース No.49

「ネパールで豊かさについて考える」

 あの日から1年が経った。アジアの最貧国というレッテルを張られ、先進国から勝手に貧しい国と呼ばれているネパールでM7.8の地震が発生した。
CODEが耐震住宅再建を行っているグデル村は、世界最高峰エベレスト(8848m)を有するソルクンブ郡にあり、カトマンズから車で15時間ほど走り、そこから2000m前後の山を2回アップダウンして、ようやくたどり着ける場所にある。当然、村までは車道は通っておらず、どの空港からも歩いて3~4日はかかるところだ。村は、ほぼ自給自足の暮らしを営み、朝は鶏や牛の泣き声で目が覚める。天気がいいとメラピーク(6654m)が眼前に広がり、耕して天に至るような緑の棚田とのコントラストがとても美しい村だ。

FBネパ1 FBネパ2
             【グデル村から望むメラピーク】       【シェルパの若者たちと】

 2月にこの村を訪ねた時に、大工や若者たちと語り合う時間を沢山持つ事ができた。ラクパさんのように日本に関心を持つ若者も多い中、日本での自殺の現状を敢えて話してみると「シェルパの間では、自殺をする人は一人もいない。どんなに困った人がいても助け合うから。」と皆、口をそろえて語っていた。そして「本当はカトマンズには行きたくないけど、仕事がないから」という若者も少なくない事も分かった。
 この地震の後、山村からカトマンズに避難していた被災者たちが、昨年9月以降の新憲法への抗議デモでインドからの物資が止まった時に、多くの人は山の村へと帰っていった。村に帰って耕せば何とか生きていけるという被災者たちの賢明な判断だったと思う。
 このグデル村にはほんの数ケ月前に電気が来た。そして車道も徐々に村まで伸びてきている。これからこの村は大きく変わっていくだろう。そんな村で、若者が町に出ずに村にいた方がいいと思えるためには、何を大切に残し、守るのかをこの震災を機に村の人たちと共に考えていきたい。震災から1年、豊かさとは何かを考えたい。(吉椿雅道)

募金キャンペーンのご案内
http://www.code-jp.org/cooperation/campaign_nepal_wakamono.html

※レポートはブログでも掲載しております。ご覧ください。
http://code-jp.org/blog/nepal-earthquake/

ネパール地震救援ニュース No.48

「村に戻る若者」

 先日放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」にも登場したニマ・シェルパさん(25歳)は、CODEの復興支援プロジェクトをきっかけにカトマンズの家を引き払い、荷物全部をまとめて故郷グデル村に戻ってきました。

ニマさんは、グデル村シャーレ集落で生まれ育ちました。19歳で村を出て首都カトマンズに暮らし始めました。村にいても現金収入となる仕事はなく、都会のきらびやかな生活に憧れたと本人は語っています。カトマンズに出ても簡単に仕事は見つからず、転々としている中でヨーロッパのNGOの支援で家具の職業訓練学校に2年通い、その後家具職人として働きながら指導もしていたそうです。地震後、同じ集落のラクパ・シェルパさん(CODEのカウンターパートのグデルシェルパコミュニティのシニアアドバイザー)と再会し、CODEの耐震住宅再建プロジェクトに参加する事を決めました。この耐震工法に最も必要な木材バンドの加工は彼の技術なしでは成り立ちません。年上のベテラン大工、石工さんたちから彼の技術は評価され、一目置かれる存在になっています。

最初は耐震にそれほど興味を持っていた訳ではないニマさんですが、自分の持っている技術が人の役にたつ事、自分の役割、やりがいに気づき、これから村で生きていこうと思ったのです。

ネパールでは日本同様に農山村の若者たちは仕事を求めてカトマンズへと出て行きます。中東など海外へと出稼ぎに行く人は約300万人以上(人口の1割以上)と言われています。ニマさんのように震災を機に村に戻る若者が増えていくためには農山村での仕事が重要になります。シェルパの若者たちは、「カトマンズは、空気は悪いし、ご飯はおいしくない。仕事があれば村にいたい。」と語っています。

CODEは、耐震住宅再建プロジェクトを通じて技術を学んだ大工、石工さんたちや農業に携わる多くの住民の人たちが今後も村で暮らしていけるような支援を考えていきたいと思います。
(吉椿雅道)

募金キャンペーンのご案内
http://code-jp.org/nepal/nepal-wakamono.pdf

ご支援よろしくお願いします。
☆救援募金にご協力下さい 郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE
*通信欄に支援先を明記してください。(例:「ネパール地震」) 
*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
*クレジットカードをご利用の方はホームページ(下記)からご寄付いただけます。 
http://www.code-jp.org/cooperation/index.html
*クレジットカード決済ページ備考欄に支援先(例:ネパール地震)と明記してください。