1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。
団体ロゴ

中国青海省地震 救援プロジェクト(継続)

災害概要&地図


◆災害の概要
・発生日時:2010年4月14日
      午前7時48分
・被災地:青海省玉樹
     チベット族自治州結古鎮と
     四川省カンゼ自治州
・地震の規模:マグニチュード7.1
・死者数:2698人
・負傷者数:1万2000人以上
・倒壊家屋:1万5000棟以上
                         

より大きな地図で 中国青海省 を表示

プロジェクト内容

(1)初動支援
CODEは、2008年の四川省地震以来協力いただいている成都のゲストハウス「Sim's Cozy Garden Hostel」と連携し、救援活動を立ち上げました。同ゲストハウスはトラック1台を出して救援物資を運びましたが、被災地は標高3700メートル、悪路ということもあって、片道20時間以上もかかりました。
青海省初動支援 青海省初動支援

(2)「ヤク銀行」プロジェクト
現在、玉樹チベット族自治州称多県拉布郷拉司通村(通称ラブ村)で復興支援プロジェクトを行っています。ラブ村は、人口約3000人の山間部の小さな村で、住民の多くはチンクー麦の栽培とヤクやヤギの放牧で「半農半牧」の暮らしを営んでいます。約600年の歴史がある古刹ラブ寺(創建1419年、チベット仏教ゲルク派)には500人の僧侶が修行しており、まさに寺を中心にした門前町のような村です。2010年の地震で村のほとんどの家屋や寺院の一部が被害を受けました。

このラブ村で、CODEは「ヤク銀行」プロジェクトを実施しています。「ヤク」はチベットの人たちの暮らしに欠かせない家畜ですが、多くが地震で死んでしまいました。このプロジェクトは雌ヤクを被災者の人々に提供し、繁殖させてから親ヤクを返還してもらうもので、子ヤクを育てて生計に役立ててもらいます。返還された親ヤク(または現金)で、また別の被災者を支援していく循環型の仕組みです。

ヤクの子ども

チベット人たちは、ヤクのミルクからバターやヨーグルトを作り、自家消費するだけではなく、それらを寺院に寄進してバターは寺院の灯明となります。また、毛はロープやテントとして、皮はシートとして、糞は燃料として活用されます。肉は非常に美味で多くのチベット人に好まれています。このようにヤクは捨てるところのない非常に重要な家畜なのです。

カウンターパートであるインドネシア人アーティストのArahmaiani Feisal(イアニ)さんは、震災後の復興支援のためラブ村に長期滞在し、ラブ寺の僧侶などと協働でゴミ処理やポプラの植林などの環境問題に取り組んできました。イアニさんの協力で、プロジェクトのために僧侶や住民、遊牧民、獣医の代表などで「ヤク銀行委員会」を結成し、皆さまからの寄付金でヤク(1頭約4000元、日本円で約6万円)を37頭購入しました。このヤクは現在、最も貧しい地区の遊牧民の家族に提供されています。着実に成長している子ヤクがいる一方で、残念ながら病気などで亡くなる子ヤクも出ているそうです。今後もヤク銀行を温かく見守っていただけたら幸いです。

ヤクを飼育している家族

青海省地震に関するCODEのブログ

青海省地震 支援ブログ

コラム&ライブラリ

現在準備中です。楽しみにお待ち下さい。




CODEについて
CODEとは
団体概要
CODEの歩み
事業報告
CODEの活動
現在のプロジェクト
過去のプロジェクト
活動レポート・ブログ
 World Voice
 災害を忘れない
ご協力方法
会員になる
寄付する
ボランティアする
勉強会を開く
イベント・ライブラリ
イベント・寺子屋
ニュースレター
10周年シンポジウム
リンク
アクセス
現在のプロジェクト
アフガニスタン
中国四川省
ハイチ
中国青海省
フィリピン