月別アーカイブ: 2007年7月

イラク:続いている暴力は性別の役割の交換を引き起こす

バグダッド、2007年7月18日(IRIN)-2003年まで、Salwa Khatab Omarは、2人の運転
手によって運転される車を乗り回し、バグダッドの彼女の家の隣のトレーラーハウスに住む、少なくとも
3人の守衛によって、付き添われていた。彼女は、多くの責任もなく、なかなかよい生活をしていた。
しかしながら、2003年、アメリカが率いている侵略以来、元陸軍長官の妻であるSalwaは、自分が
ほとんどすべての責任を負っていると気付いた。
私の夫は、他の前政権職員のように狙われる恐れのために、まったく家を出る事ができない、と4人の
母である、51歳のKhatabは言った。
“以前にはないように、私達は、他の家事を行うのに付け加えて、私達の息子や娘と、学校や大学へ
一緒に付き添っていかなければならない”とKhatabは言った。彼女は、彼らは家を離れなければなら
ず、だれも父親と彼の経歴を知らない場所へ、家を借りて移らなければならない“と言った。
イラクの男たちは、伝統的に一家の担い手である一方、ほとんどの女性が、家の中の他の仕事の面
倒を見る。
しかしながら、イラクの絶え間ない、とくに、男性に対して脅威を与えている暴動は、女性に、より多く
の家庭の責任を負うことを強いる。-“性役割交換”と呼ばれる現象と、専門家たちは言う。
“妻が働き、家族を養っている間、家で座っているだけの男性を私達の社会では尊敬しない”とバグダ
ッド大学の家族と子供の問題の研究者Nasser Muhssinは言った。“この現象は、絶対に父親の
役割を弱くし、父親に対する子供たちの尊敬を減らしてしまう家庭も現れるでしょう。それは、既に、
荒廃した社会に、悪影響を与えるでしょう”とMuhssinは付け加えた。
暴動で、主に男性が殺された。
2006年2月、バグダッド北部の、シーア派にあがめられている寺院の金のドームが、爆破された時
以来、イラクの2つの有名なイスラムの宗派は、宗派間の殺人の悪循環に突入した。
重視されているイギリスの医療ジャーナルによって、昨年出版された研究、Lancetは、イラクでの暴
動に関連した死91%が、男性達であることを発見した。
物議を醸しているのが、イラクの世帯に基づく研究で―実際に死体数を数えたわけではないが―約6
55,000人のイラク人がイラクでの3年間の衝突で亡くなったと主張している。死傷者数の見積もり
が、他の独立した統計と比べると、10倍以上である。
女性が死亡した親類の死体を集めている
2週間前、36歳の主婦で、4人母親であるFawziya Ibrahim Mohammedは、彼女は、バグ
ダッド都心の、主要な死体保管所に、彼女の兄と2人のいとこの死体を求めるために、行かねばなら
なかったとき、恐ろしい体験をした。“3人は、絶対にシーア派の市民軍によって誘拐され、殺されたの
であろう”と彼女は言った。
3人は、伝えられるところによると、南部バグダッドの、シーア派が優位を占める警察のゲリラ隊員によ
って要員を配置された検問所で拉致された。そして、過激派で、多くの殺人を非難されている聖職
者Muqtada al-Sadrに忠誠を尽くすal-Mahdi軍に引き渡された。
彼らの、弾丸で穴だらけになった死体は、足と手を縛られた状態で、翌日、道に捨てられているのが
見つかった。彼らが激しく苦しめられた痕があった。
“彼ら(シーア派の民兵)は、スンニ派の男達が死体を回収するとき、彼らをまた誘拐するために、死体
保管所の近くに、いつもいる。私達は男たちをこれ以上失いたくない。そして、それが、私が危険を冒
す理由である。私は1人で行くのは初めてだったけれど。”
反対に、シーア派の男たちは、誘拐されたり、殺されたりしないように、スンニ派市民軍が 活動的で
ある、スンニ派の優勢な地域を通って行くことをやめた。
先月、Abdul-Zahra Nassir Jumaaは、シーア派がいつも彼らの死体を埋めている場所であ
る、バグダッドから、約200キロメートル南のNajaf南部の町へ,彼の息子の葬儀行列に、行くことが
できなかった。
“バグダッド南部のスンニ派が優勢な地域、スンニ派の市民軍がシーア派の男たちを、誘拐したり、す
ぐに打ち首にしたりする場所を通過しなければならなかったから、私達は、スンニ派の運転手と共に、
女性たちだけを送った“と、55歳のシーア派の老いた父親、Jumaaは言った。
Muhssinは言った。-多くの男たちは、国から逃げた。または、家や刑務所で、人目につかないように
している。それにより、より多くの責任が、未来には、女性たちに移行されるでしょう。
もし、安全状態が悪化することが続いたら、私達は、タクシーやトラックの運転手として、働く女性たち
を見るでしょう。彼女らの多くは、店や技術者、機械工として働くでしょう。
sm/at/cb
[END]
IRINの報告書の抜粋は、Relief Webに知らされる。より多くのIRINのニュースと分析は、

http://www.irinnews.com

で見つけてください。
この記事は、必ずしも、国連とその機関の見地を反映していない。使用許可条件は、IRINの著作
権ページを参照してください。
情報源:United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs
     -Integrated Regional Information Networks (IRIN)
原文URL:reliefweb.int
*著作権は情報源に帰属します

ユニセフ北スーダン洪水状況報告―外部2007年7月

1.北スーダンでの洪水による影響を受けた地域
スーダン政府は、北、南、西ダルフールと同じく、北Kordofan、White Nile、KassalaとRed S
ea州に、鉄砲水の警告を出した。この緊急事態は、雨季のかなり初期で、洪水状況は、さらに悪化
すると予想されている。
ピークの洪水時期は、7月15日から8月終わりの間である。Kassalaでは、EI Gasha川がすでに
洪水しており、1988年の巨大洪水期間より、さらに水位が高い。同様に、ナイルは、Khartoum
地域で監視されており、エリトリアとエチオピアの政府監視機関と緊密に連絡をとり合っている。ユニセ
フは、少なくとも、111,000人を援助し、そのうちの55,000人以上が子供達である。
KASSALA州、Kassaka町:7月5日木曜、EI Gosh川の水位は、5.7メートルに上昇し、その
7箇所の堤防が、決壊し、KassalaとAl Gash地方を水浸しにした。これは、主流の東と西側を抜
けて、川に新しい流れをつくる結果になった。そして、ひどい、家屋の損失を引き起こした。Kassala
町の各機関協力組織の調査は、22箇所が影響を受け、損害を受けた数は、1067世帯を超え、
さらに、342の家が全部崩壊した、と示している。AI Gash地域の5つの村が、影響を受けた。Ka
ssalaの町で、水供給、電気、通信のネットワークは、現在のところ、影響はない。エリトリアからの報
告によると、エリトリアの集水地域で、さらに多くの雨量が、予測されている、と示されている。このレポ
ートの執筆時点では、川は安定し、更なる鉄砲水はここまで無い。Kassala町へとKassala町から
のアクセスは、影響を受けていない。
Aromaの町;KASSALA:7月11日にEI Gasha川は、堤防を壊し、Aroma町の一部とKas
salaの北45km、取り囲んでいる4つの村に氾濫を起こした。この町は、洪水の後の始めの2日間、
アクセスできないようになった。州市民が守備(防衛)している間、軍と警察は、人びとを避難させよう
としたが、大多数の影響を受けた世帯は、その地域を離れないことを選んだ。町から洪水の水を排
水するために、地域の当局は、アスファルト舗装の道路を壊し、孤立の一因となっている。これは、現
在、救援物資を運ぶトラックを通すために修復された。航空写真は、地域が大量の水で埋め尽くさ
れていること示している。Aromaでは、水のパイプラインは、洪水の水からの被害を受けた。衛生も
又、地域の簡易公衆便所の損傷で影響を受けた。
WHITE NILE STATE:およそ2,000人の人びとは、White Nile州の豪雨によって、直接被
害を受けた。多くの家―主に、泥のブロック、草ござや材木で作られている―は壊された。洪水によっ
て被害を受けた人びとは、伝えられるところによると、崩壊した家の横の戸外で住んでいる。これらの
地域の一般的な衛生は、極端に貧しい。そして、被害を被った地域の健康施設は、AWD(Acute
Watery diarrhoea 急性水様性下痢症)や他の伝染性の疫病を防ぐことを含む、ニーズの増加に
応じるのには、十分でないかもしれない。
BLUE NILE STATE:被害を受けたダムからの洪水の波は、家屋を崩壊させ、見積もって、Blu
e Nile州のBout町の1500の家庭に影響を与えた。100人の全壊した家の住人を含む、200人
を超える緊急避難支援が必要とされる。町の構造基盤は、被害を受け、道路でのアクセスは難し
い。4箇所の学校は、部分的に、被害を受け、それは、女子の学校の3教室を水害で失ったものを
含む。最も近い病院は、事実上、住民から遮断された。安全な水と簡易公衆便所のアクセスは制
限され、道での公然排便が起こっている。多くの被害をおった家庭は、町の被害を被っていない世帯
によって受け入れられた。Tadamonでは、報告によると、500を超える家が、洪水によって損害を受
けたり、破壊されたりした。常設の学校の4つの教室は、洪水により被害を受けており、遊牧民学校
の3つの教室は崩壊した、と報告された。洪水の前に、1週間に平均8人であった下痢の患者は、洪
水後、15人までに上昇した。町には避難民を受け入れる許容量があり、現在、損害に応じる物資
が十分にあるが、アクセスは、ヘリコプターが唯一の被災地へ通じる手段であり、主要な課題である。
KHARTOUM:Khartoumは、Jebel Awlia地帯が洪水に襲われた。そこは、すべての家屋の
3/4が損害を受けたと見積もられている。きれいな水へのアクセスは、欠如しており、すべての簡易公
衆便所は、ほとんどその地域で使う事ができない。孤立した学校もあり、ほとんどの店は開かれてい
ない。Khartoun北部では、見積もって、4450の家庭が、洪水によって深刻な被害があり、彼らの
家々は、部分的に、又は完全に崩壊した。3箇所の学校が破壊し、1箇所の健康センターは水浸し
になり、アクセスすることができない。MayoとEI Salaamキャンプでは、2000にも上る世帯が被災
した。衛生施設はひどく損害を受けた。
NORTH KORDOFAN:6箇所の場所では、洪水によってかなりひどく襲われた。政府―INGO
調査は、8800を超える世帯が被災し、早急の支援が必要と見積もっている。洪水の水は、いくつ
かの被災した村を孤立させた。
情報源:United Nations Children’s Fund (UNICEF)
原文URL:reliefweb.int
*著作権は情報源に帰属します

低所得・食料不足国にとって2007度の作柄予想は様々

28カ国が食糧不足に直面
ローマ、2007年7月17日-国連食糧農業機関(FAO)の最新の作柄予想
および食糧事情報告書によると、低所得・食料不足国で予想される穀物生産
の成長減速は、引き続き高い国際価格の見通しとあいまって、来年度の食糧
供給の状況を厳しいものにするだろう。
その報告書によると、4年連続の比較的力強い成長の後、低所得・食料不足国(LIFDC)での穀
物生産は、2007年には1%以上の伸びしか予想されておらず、その伸びは人口増加率よりも低い
ということだ。さらに、中国、インドのような最大の生産国を除外するなら、残りの低所得・食料不足
国での食糧生産高は、昨年よりもわずかに下回ると予想されている。
アフリカ
北アフリカでは、モロッコの今年の穀物収穫高は、旱魃によって台無しとなり、昨年の4分の1しか見
込めない。南アフリカでは、最近の主要穀物の収穫結果は、様々だ。ジンバブエ、ナミビア、レソト、ス
ワジランドでは旱魃のために収穫高が激減したが、マラウイ、アンゴラ、モザンビーク、マダガスカル、ザン
ビアでは、記録的か平均以上の収穫があった。
西アフリカでは、今までのところサヘルでは、不規則な降雨のために実りの季節が遅れている。東アフ
リカでは、2007年度の穀物収穫高は、ほとんどの国で有望だと予想されている。しかし、ソマリアの
主な栽培地域では不規則な降雨のため、収穫高が減少すると予想されている。
アジア
アジアでの2007年度の主な粗粉と米の収穫高は、極東では、適時に季節的なモンスーン雨の到
来した後、概して有望だと報告されている。
2007年度、小麦の豊作は、中国、インド、パキスタンに集中し、バングラデシュでは、不利な天候
条件のために小麦の収穫高が減少した。
危機に立つ国々
FAOの最新のアセスメントでは、世界の28カ国で深刻な食糧不足の問題が続いていると指摘され
ている。
ジンバブエ、スワジランド、レソトでは、長引く日照りと不安定な降雨の結果、これまでで最悪の収穫
期の1つとなった。これらの国の主要作物であるトウモロコシの2007年度の生産高は、2006年度
と比べるとジンバブエでは約43%、レソトでは51%、スワジランドでは60%減少する見込みだ。
以前より低い食糧生産高と、上昇する国内価格と地域価格は、ジンバブエの400万人以上の立
場の弱い人々の食糧安全保障に不利な影響を与えると見られている。5月に起こった4500%を超
えるハイパーインフレーションは、低所得層と中間所得層の購買力と手に入る必需品を徹底的に減
少させた。
東アフリカでは、南ソマリアの状況は、主に首都モガディシュでずっと続いている暴力のために、特に懸
念される。そこでは、何十万人もの人々が、居場所を追われ、貿易と経済活動は制限されている。
スーダンでは、主に不安定さが食糧へのアクセスを妨げる要因となっており、紛争中のダルフール地方
では特に問題がある。
北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国では、食糧供給の展望が不安定なままだが、伝えるところによ
れば、韓国から約束された40万トンの米の食糧支援の第一便が6月末に届いたようだ。
Nepalareの75地区のうち42地区で食糧不足が見込まれている。慢性的で広範囲にわたる食糧
不安が極西部や中西部の山岳地帯に広がっており、そこでは、立場の弱い人々への食糧支援が制
限されたままだ。
イラクでは、全体的な食糧安全保障の状況は、戦闘や安全面の問題のために、悪影響を受け続け
ている。人道的機関によると180万人以上が国内での強制退去を余儀なくされ、200万人以上が
国外に避難している。
人道的支援は、ボリビアの立場の最も弱い地方の家族に与えられている。その人たちは、今年初め
の主な実りの季節に旱魃と洪水に遭い、作物と家畜を深刻なほど失った。
支援が必要な国のリストを見るには、ここをクリックしてください。
情報源:Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO)
原文URL:reliefweb.int
*著作権は情報源に帰属します

ペルー:アンデス山脈で記録破りの寒波

2007年7月16日
■記録的な寒さが、高地のアンデス山脈で子供達を脅かしている
ペルーの、高地であるアンデス山脈では、子供たちは低温に慣れている。たとえそれが、
寒いくらいであったとしても。しかし、今のような寒さは、誰も経験した事がない。
実に零下にまで下がったと記録された厳しい寒さは、僻地の、非常に貧しい高地地帯に住む、何千
人もの子供達や、妊婦の生命を脅かし続けている。
■子供たちは差し迫った危機にさらされている。
数週間にも及ぶ厳寒のため、すでに5歳以下の子供の55人が生命を奪われた。これまでに、驚くべ
き事に、6千もの肺炎の症例が記録されている。
その上、冬期は少なくともあと10週間は続くことから、最悪の気象にはまだ至っていないのでは、と、
予報士は危惧している。
“何千人という子供達が、守る手立てもなく、飢えや、呼吸器の疾患のため、差し迫った危機にありま
す。”PlanのInternational Executive Director である、Tom Miller氏は、そう警告する。
■保温の為に緊急に必要な物
今回の異常な天候は、この地域のほとんどの作物に被害を与えた1月、2月の、予想もしない厳しい
天候の後に続くものである。今回のこの一連の寒さで、事実上すべてが奪われてしまった。
異常な降霜や降雪が作物に打撃を与え続けるなかで、食料不足は深刻である。最新の算定では、
農作物の損失量は13万4千エーカーで、あと、22万5千エーカーが影響を受けている。
家畜もまた、死に瀕していて、農業従事者から大切な収入や栄養の糧を奪いつつある。
The Ministry of Agriculture(農業省)は、被害に苦しむ人々の生活を守る為、家畜用の一時的
な避難場所や飼料を用意している。
学校は、一日のうちで最も気温の低い時間帯に、子供達が苛酷な天候にさらされないように、時間
割や授業時間を変えることの権限を与えられている。また、校舎の改築が(ドアー、窓、屋根など)進
められている。
気温が下がり続けている中、呼吸器疾患の危険性が増えてきている。抗生物質や、抗炎症薬、せ
き薬等が不足している。
暖かい衣類や薬の必要性が迫られている。我々は他の機関や政府に、手遅れにならないうちに、手
を差し伸べてくれるよう、強く求めている。
Planはすでに、被災地の調査を行い、政府の省庁や自治体と共に、援助活動のコーディネートに着
手している。
■あなた方にできる事
我々の次なるステップは、Planの“非常用品”を、僻地のアンデス地帯にいる、1万人以上の子供達
や妊婦に配布する事だ。
その中には、暖かい毛布や羊毛のポンチョ、chuyo(羊毛の帽子)そしてソックスなども入っていて、クス
コ周辺の95の被災地域に配られる事になっている。
非常用品の配布と同時に、Planはペルーの国営ラジオ放送を通じて、緊急気象警報や、身を守る
為の情報を提供している。
20ドルあれば、一人の子供の身体を温めてあげる事が出来る。
それは、Planのサバイバル・キット計画の、被災児童一人当たりについての費用である。
あなたからの20ドルの寄付が、この異常な寒冷のもとで、一人の子供が生き延びる手助けになり、4
0ドルで子供2人が、100ドルあれば、文字通り一家族が救えるのです。
どうか、手を差し延べて下さい。夜になると、苛酷なまでに冷え込んでいきます。事態は一刻を争うの
です。
情報源:Plan
原文URL:reliefweb.int
*著作権は情報源に帰属します

北朝鮮の洪水で、何百人もが死亡し、行方不明となっている

ソウルー(dpa) 豪雨の1週間は、北朝鮮で、洪水を引き起こし、何百人もの死者と行方不明者を
出した、と州メディアは火曜日に報告した。
政府職員からの最初の報告によると、60,000以上の家族が住む、30,000以上の家屋は壊さ
れたか、深刻に被害を受けた、と公式韓国中央ニュース機関(KCNA)は伝えた。
8月7日以来猛威を振るっている、嵐によって起こった洪水は、伸びている重要な線路と道路と橋を
一掃し、多くの地域で、電気と電話サービスを遮断した、と報告は伝えている。
報告は、洪水は“今までにかなりすごい物質的損害”を引き起こしたと、伝えている。
何万ヘクタールの農場も又、水浸しにされ、それは、北朝鮮の慢性的食糧不足を悪化させそうだった。
韓国は、緊急援助をその貧弱になった近隣国に送るかどうか、考慮していた。
今回の人命の損失と損害は、北朝鮮が昨年経験した洪水よりも、明らかに大きなものだった、とソウ
ルの統一省のスポークスマンは、言った。
洪水の結果が、8月の終盤に行われる、北朝鮮と韓国の間で予定されていたサミットに、衝撃を与え
るとは予想されなかった、とスポークスマンは、言った。最悪の被害の地方、北朝鮮の南側国境に位
置する、Kangwonは、約、20,000世帯が洪水の被害に遭った、とKCNAの報告は伝えている。
首都、ピョンヤンも又、洪水を経験した、と彼らは伝えた。
日本で発行されている北朝鮮支持の新聞、Choson Shinbo(朝鮮新報)によると、約500ミリメー
トルの雨はが、過去5日間のうちに降った。
被害者達を助けるための寄付を求めるアピールとして、赤十字の国際委員会もまた、国中の広範
囲にわたる洪水を報告した。それは、洪水の被害者や損害の査定を示していなかった。
北朝鮮の赤十字スタッフは、24時間働いており、今までに、洪水被害者たちへ配布するための調理
具、毛布、飲料水を含む500包の救援箱を受け取った、とグループは言った。
モンスーンのような雨が、朝鮮半島を襲う時、洪水は夏には非一般的ではない。しかし、専門家は、
森林伐採のため、それらが特に、北で深刻である、と言った。
2006年、北朝鮮は破滅的な洪水の季節に再び苦しんでいた。北朝鮮政府は韓国からの再建設
援助と食料を求め、韓国政府は、世界から自ら孤立している全体主義のその隣国へ、米と建設物
資を送った。
昨年の夏の災害の間、北朝鮮メディアも又、何百もの洪水被害者を報告した。しかし、韓国の仏
教徒援助グループGood Friendsは、何万人かが死亡した、もしくは、行方不明になった、と伝え
た。その主張は、不確実なままであった。
情報源:Deutsche Presse Agentur (DPA)
原文URL:reliefweb.int
*著作権は情報源に帰属します