インドネシア・スンダ海峡火山津波救援ニュースNo.9

「サイレント津波」
昨年12月22日にインドネシア・スンダ海峡の火山島が噴火したことで津波が発生した。
地震の後の津波ように、揺れの後に津波が来た訳ではなく、音もなく突然やって来たことから現地では「サイレント津波」(音のない津波)と呼ばれている。
最大の被災地であるSumur郡のTamanjaya地区Paniis村(39世帯)では、全壊14棟、損壊が25棟という被害を受けた。
海岸線から20mほどの自宅が損壊した男性(60代)は、「津波が来る前は、揺れも音もなかった。」と語る。男性が言うには、火山の最初の噴火は、22日の13時半頃だったという。その後、何度か噴火をしていたそうだ。
「21時半くらいに、海の向こうで赤く光っているのを見た村の人達が騒ぎ始め、家族に声をかけて内陸の方へ逃げた。津波が来たのは21時50分くらいだった。結局、津波は4回来た。」という。
翌日、全壊した隣の商店の砂糖などの商品が屋根の上にあった事から、津波は3mくらいだったのではないかとその男性は語っていた。今は、内陸に建てられた仮設住宅で暮らしながら、家の修復をしている。最後に「また津波が来るかもしれないから怖い。」と言っていた。(吉椿雅道)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)