投稿者「code」のアーカイブ

CODE未来基金ニュース No.2

「3人の若者、ネパールへ」

CODE未来基金では若者のNGOや国際協力への参加をサポートしています。2016年度後期未来基金プログラム募集で採択されたフィールドワーク「Discovery! 未来への可能性を広げよう」で兵庫県立大学の立浪雅美さんら3名の学生がネパール地震の被災地へと向かいました。
2月22日にネパールへ旅立った若者はCODEが耐震住宅再建プロジェクトなどを行うソルクンブ郡グデル村などを訪れ、村の生活を体験するなど12日間のフィールドワークを行います。この研修の中、住民と交流することを通して日本とは異なる生活様式や習慣、価値観、保健医療などに触れ、若者は異文化への理解を深めていきます。歩いて2日かかるグデル村を訪れるためにこれまで山歩きトレーニングも重ねており、村の人々が生活の路として使っている山道を歩きながらも現地の日常や問題、そして魅力を学んでいきます。

3月26日に開催する「CODE未来基金報告会」では、このネパールフィールドワークのメンバーも報告をさせていただきます。ぜひネパールを体験した若者の声を聴きに来てください。(上野智彦)

CODE未来基金ニュース No.1

「ネパールフィールド研修」

CODEは次世代のNGOを担う「CODE未来基金」を設立しました。昨年夏に第1号として神戸大学の学生がフィリピン、セブ島(バンタヤン島)の台風の被災地でフィールド研修を行いました。そして来月には第2号でネパール地震の被災地に兵庫県立大学などの学生が向かいます。CODEの支援するグデル村までは山道を歩いて2日の距離です。そのために12月から参加学生と六甲山での登山トレーニングを行っています。昨日第3回のトレーングで芦屋から有馬温泉までの行程を歩いてきました。数日前に降り積もった雪道で足を取られそうになったり、すべったりありましたが、全員無事に下山しました。思いもかけず美しい冬の雪山を味わうことができました。
ネパールに向けて若者たちが頑張っています。皆さん、次世代のNGOを担うCODE未来基金を応援してください。よろしくお願いいたします。
(吉椿雅道)

P1130734_R

P1130728_R

P1130735_R