インドネシア・ロンボク島地震救援ニュースNo.16

今日(11月3日)は、一度31日に訪れたGangga(ガンガ)群Gengglang(ゲンガラン)村のLias(リアス)サブビレッジに行きました。

ポシアンドゥ(保健所)

この集落は、果実が豊富でカカオ、コーヒー、ドリアン、ジャックフルーツ、バナナ、マンゴスチン、マンゴー、バニラなど生産していました。そして先述したようにこの地区は、イスラム教徒とヒンドゥー教徒の住民が互いに協力しながら生活している村で、エコ・プラワット教授が再建住宅のデザイン提供や基盤強化のワークショップを考えていることから、村について詳しくお話をお伺いすることにしました。今回は村のリーダーのような役割をしているサムスージーさんからお話を聞きました。

リーダーのサムスージーさん
ヒンドゥの長老

Lias地区はマタラムのクリスチャンチャリティーから27軒の木造家屋とヒンドゥー寺院再建のための建材の提供を受けています。イスラム教徒の住民は村の中ではマイノリティーであるということから支援をヒンドゥー教徒の家の再建に優先させています。再建は3軒が完了し、残りの24軒の再建が引き続き行われます。

ヒンドゥ教徒の再建中の家
ブルガは壊れていない
モスク木造で再建

この地域ではグマンタラ村やセムバランブンブンとは違い伝統的な木造家屋は残っていません。しかしかつては木造家屋も多く残っていて、次第に姿を消していったようです。

サムスージーさんのお仕事は地域の農作物を取りまとめて売る仕事をしています。非常に多くの農作物が育てられており冒頭で紹介しましたようにカカオやコーヒー、ジャックフルーツ、バナナ、マンゴスチン、アボカド、マンゴー、ココナッツ、そして特に高価なものとしてチャンケ(クローブ)やバニラなどの香辛料も生産しています。

カカオ
カカオをローストする機械
クローブ

イスラム教徒とヒンディー教徒の強い結びつきを表すものとして、葬式や結婚式などお互いの宗教行事にも積極的に参加していることが挙げられます。160家族のイスラム教徒に対してヒンドゥー教徒38家族は宗教的な面での村の生活に不便はないようです。ヒンドゥー教徒の住人が住む場所のそばにはヒンディー式のスペースがあり、地震前はここで宗教関係なく住民間の話し合いをしていたそうです。地域には学校が無いため、このスペースを活用して子どもたちは地域住民に勉強を教わっていたそうです。スペースは残念ながら地震で使えなくなってしまいました。

崩壊したヒンドゥ寺院

また、この地域は洪水が非常に多く発生する土地なのですが、洪水の際にはイスラムモスクが村中に避難勧告を出し、宗教に関係なく高台地域にあるモスクに避難してくるそうです。洪水では2年前に大規模なものが起こり、2mも水が浸水し、その際には村人3名が亡くなったそうです。

村には協同組合のような「Patuh Angen(パトゥ・アジェ)」という名前が付けられた住民グループが存在します。1グループ60人ほどの男性が所属しており、同じ村でも他の地域には別のグループがあります。このグループは例えば先述の農作物を共に生産し、まとめてマタラムなどの大きな町やジャワ島など他の島にも売り出しています。牛などの畜産も共同運営しているほか、コーヒー生産の機材を購入するなど住民が村の発展のために協力しています。また、洪水が多いということで土砂災害を防ぐための植林も行っています。植林した木はパトゥ・アジェが伐採や建材として誰が使うなどの管理も行っています。さらに「WANA TANI」という女性グループもあり、地域の経済力向上のために、地域の女性たちが協力して作物を使ったスナックを作ったりと女性の仕事を生み出し、活躍されています。随分、刺激されました。
(上野智彦、増島智子)

まけないぞう

インドネシア・ロンボク島地震救援ニュースNo.15

今日(11月2日)は、阪神・淡路大震災以来交流のある小規模作業所「シティーライト」の理事をされている溝渕さんからご紹介いただいたロンボク島西部のGunungsari村(グヌンサリ)に住むSauen(サイウン)さんとともにマタラム近郊の被災地域を回りました。サイウンさんは大工をしており、妹さんが結婚して日本で暮らしているそうです。彼自身の家も全壊しています。

サウエンさん家族と

30日の報告でマタラムから北部に行ってしばらくは建物の被害があまり見られないと書きましたが、大通り付近の建物が多く残っている一方で少し奥に入ると被害が大きな地域が広がっていました。

崩壊した集落

地震発生直後の報道では、被害が大きいとされていた地域のかなり手前になります。グヌンサリ村はマタラムから車で20分ほど北に行ったところで、竹製品や木製品などの民芸品店が多くある地域です。この地域では7名が亡くなり、200人が負傷したそうです。

大通りから外れて車で5分ほど走らせたところに区域のほぼすべての家が倒壊、損壊している地域があります。この地域のほとんどの家はレンガ造りです。壊れた個所を見るとレンガ自体が弱く、レンガ同士の接合も甘いようです。被災者は元の家の残っている部分に屋根をつけテントを横付けしていたり、トタンや端材を使って作られたりした自作の仮設住宅に住んでいます。

この仮設に複数家族が住んでいる場合もあるようです。また、以前紹介したプルガ(東屋)を寝床にしている方もいます。先述した大工のサイウンさんも竹で東屋を造りますが、このプルガというのは、Lombokでは居間という感覚でどの家庭にもあり、そこでご飯を食べたり、お茶を飲んだり、昼寝や仕事をしています。

ブルカ
ブルカ3
ブルカ中
ブルカ中2

お話を聞いている最中にスコール(今季初とのこと)が降りましたが、テントの上には雨水が溜まり、風雨は入り込み、中には寝室の真上のブルーシートに穴が開いていて、ベットがびしょぬれになってしまいました。そんな中でも、水遊びをする子どもたちの笑顔は印象的でした。

テントに雨がたまる
テントの屋根に空いた穴
テント暮らし
まけないぞう
水遊び

やはり住居の問題は大きいようで、食料の支援は十分にあるものの、何度も紹介してきたように、この地域でもトラウマが酷いから、今度はレンガではなく、木造で作ると話しています。女性たちはみなさん口を揃えて早く家が欲しいと言います。お金がないから政府からの援助を待っていると話していました。

伝統建築と仮設

地震に対してこれまで対策を取ってきたことはありませんが、最近では小学校で地震の時の行動について学ぶことがあるようです。親世代は子どもからそれを聞いて地震について学んでいるようです。中には自信が起きた際、ずっと祈っていたという高齢の方もいます。またこの地域の女性たちは、地震当時幼い子供を抱えた人が多く、2~3日は村のすぐ後ろにある山に避難したそうです。津波がくるという”うわさ”が広がりみなさん高台の山へ避難したそうです。みなさん”津波は嘘”だったというのですが、それでも本当に来るかもしれないので地震があったら逃げて下さいと伝えました。

ところで昨日の報告でRISHA(コンクリートフレームの家)が政府の再建計画としてあるとお伝えしましたが、これは屋根を含めて5000万ルピアとなり、また広さが36m2と決まっています。家族が多い被災者はもともと大きな家に住んでいました。36m2では多くの家庭では不十分な広さであり、トイレや水回りもないため、設備の増強や部屋の増設を余儀なくされます。そのため家の再建の負担が被災者に大きくのしかかってくることが予想されます。                    (上野智彦、増島智子)

インドネシア・ロンボク島地震救援ニュースNo.14

今日(11月1日)は、Sembalun Bumbung (スンバルン ブンブン)村に行きました。
ここでも伝統家屋は全く倒れずに残っていたそうです。この地域は200年前に大きな地震があり、それ以来の大きな地震だったそうです。

スンバルン村の伝統建築
村人からのヒアリング

伝統建築に住んでいる村の人に話を聞いたときに、この地域には観光の名所となっている、富士山級の山Rinjiani(リンジャニ)という標高3726mの山があります。
その村の人は、「自然はいつもきれいで、人が間違った道に進むと、その間違ったことを教えてくれる」と「山には牛が放牧されていて、自然も豊かなのに、多くの観光客が山登りをして、自然をいじめたから、こんな大きな地震が起きたんだ!」と話してくれました。偉大な自然に抗うことがどんなに愚かなことかという戒めをまた改めてここロンボクでも聞くことができました。阪神・淡路大震災でも高齢の女性が、「海の神様が怒ったんだ」とつぶやいていたことを思い出します。また、小学校6年生の女の子が書いた詩の中で、「これから自然 いじめんのやめとこ」という一節があり、自然との共生がいかに大切なのかを教えられます。

この村でもみんな他の村と同じようにトラウマが酷いようです。例えば、女性は普段は農業の仕事をしていても、地震以来家が気になってあまり長い時間畑仕事はしなくなったそうです。きっと大部分の時間を家で過ごす女性にとっては、家はやはり大切なものなのでしょう。

Rishaの構造物
パネルをボルトで組み合わせる
住民の仕事としてのパネル作り

この村には政府の支援が始まっていました。「Risha」という木の変わりに鉄筋を入れたコンクリートパネルを組み合わせて骨組み造るように、政府が部材の提供と指導を始めているそうです。村の伝統家屋は1件も倒壊していないのに、こうした構法で建設することには複雑な想いです。住民はレンガづくりの住宅がことごとく崩壊しているので、木造でなおかつ伝統的な立て方での再建を望んでいます。同行している建築家北茂紀さんの耐震構造の技術が被災地に伝わることを願います。
具体的にはCODEのカウンターパートである建築家であるエコ・プラワット教授と北茂紀さんがコラボし、CODEのミッションでもある被災地域の文化や歴史を尊重した耐震技術移転が実現し、インドネシア独特の“ゴトンロヨン”が活かされるように努力しますので、是非継続したご支援をお願いいたします。            (増島智子)

まけないぞうをプレゼント

インドネシア・ロンボク島地震救援ニュースNo.13

昨日、グラマタン村に入ったスタッフからの現地レポートです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日(10/31)は、エコ・プラワット教授とリンダ講師の知り合いでもある、ジャワ島のソロにあるのセベラスマレット大学(UNS:Sebelas Maret University)のカハル教授が震災前から関りのあるに村に行きました。

この地域では、95%の家屋が大きな被害を受け、48名の方が亡くなったのこと。この村では、100棟の仮設を建てることを目標にしています。すでに40棟を建てたそうです。その40棟は、すべて“ゴトンロヨン”(インドネ災特有の助けあいのしくみ)で仮設を建て直したそうです。

(崩壊したヒンドゥ寺院)
(崩壊寸前のレンガの家)

地震に遭うまでレンガ造りの家に住んでいた人は、地震によるトラウマが酷くて、木造の家に住みたいと思っている人たちが多いということでした。

この村には伝統家屋の保存地区もあり、そこの家屋は一軒も壊れずにすんだそうです。中には100年以上の伝統家屋があります。竹を編んだ壁で竹を骨組みにてアランアランというヤシに似た植物の葉を束ねてかやぶきのように屋根を作っています。CODEが伝えてきた2005年のジャワ地震後の状況と似ているような気がします。

(伝統建築)
(伝統建築の屋根)

みなさん今回の地震で伝統家屋が残ったので、伝統家屋のような作り方で仮設を作っています。資金は、一般からの寄付をお願いし、一部は壊れた家から使えるものをはリユースして、自分たちで上手に工夫し建てています。(仮設建設には、1軒あたり3万円ほどかかる。)

二つ目の村は、Gengglang村のLisa集落に行きました。これはエコ教授が空港からレンタルした車の運転手がたまたま被災地出身の人でおじさんがその集落にいるということと、支援があまり来ていないということを聞いて偶然前段の村とも近かったため急遽調査に行きました。
この集落では、ムスリムとヒンドゥーの人が一緒に住んでいて、クリスチャンの団体から寄付をムスリムの人たちが受けて、その寄付をヒンドゥーの住民にも分け与えたそうです。よくよく聞くと、もともと違う宗派でも近所付き合いがあり、お葬式にもお互いに参加して、普段から仲がいいそうです。クリスチャンであるエコ教授もこの村の在り方には驚いており、何度も「アメージング!」と叫んでいましたが、私たちはこれが本来の宗教の姿なんだろうとあらためて感じました。当たり前のことを当たり前にしているだけなんですね。そもそもゴトンロヨンという助けあいも、暮らしの中に浸透しており、当たり前のように行われているようです。

(ヒンドゥの人の再建中の家)

この村でもみなさん、伝統建築の手法を取り入れた仮設を建て、村に住む大工さんは住民の手本になるように、木造で自分の家を建て直していました。

(リサ集落大工さんの恒久住宅)
(大工さんの恒久住宅)

ここでも政府から援助はなく、それを待たずに自分たちで自ら家を建てている姿にこちらが勇気や元気を頂きました。同行した建築士の北茂紀さんは、構造的は耐震性が十分ではない部分もあるので、専門家として今後きちんとフォローできるようなアドバイスをできたらいいなと話していました。                                                        (増島智子)