ハイチ地震から5年を経て

2015年1月12日 で、ハイチ地震から5年が経ちました。5年 前にマグニチュード7.0の地震に襲われたハイチでは、22万人の尊い命が奪われました。黒人初の独立国であり、かつては「カリブ海の真珠」とも呼ばれていたハイチですが、今では西半球で最も貧しい国になってしまいました。

CODEは地震発生直後からこれまで、移動診療所の開設、現地NGOの 支援や露天商を営む女性のマイクロファイナンスを通した支援などに取り組んできました。2013年 にはハイチに30年以上滞在していたシスター須藤とともに被災地レオガンでの農業技術学校 (ETAL)の建設をすることになりました。2014年 夏に着工が始まり、現在では約8割が完成しています。現地からの情報によると、ETALは既に開校し、17名の生徒がCCFPL (地震後海外NGOによって 建てられた職業訓練学校)を仮校舎として授業を開始しているとのことです。ETALの校舎 が完成し次第、生徒たちはそちらに移り授業を受けることになります。昨年9月シスター須藤 を神戸にお呼びした講演会では、シスターは「希望が子どもを育てる」と仰っていました。この学校がハイチの子どもたちにとって未来への希望になることを願っています。

(小坂めぐみ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)