中国新型肺炎救援ニュースNo.6

「中国のNGOとボランティアの動き」 
 CODEのカウンターパートであるNGO備災センター(四川省成都市)の張国遠さんたちは、今回の新型肺炎に対して救援ネットワークを設立しました。
 張さんは、全体統括主任として、 中国各地のNGOやボランティアが参画を進めており、現在、10チームに分かれて約400人のボランティアたちが登録しています。 
 ボランティアたちが、それぞれの専門や特技を活かして、ボランティア調整、海外調整、情報、広報、アクション、物流、ロジなどの各チームに加入しています。 
 このネットワークは、SNSを活用して武漢の物資のニーズを収集したり、寄付者からの物資を集めたり、武漢に運ぶルートの調整などを行い、武漢の病院や患者さんたちに直接届けています。ボランティアたちの中には、61万個のマスクをイギリスで購入し、武漢に届ける準備をしている人、病院に40万セットの防寒着を調達した人、武漢で感染した人への救援物資を発信する医療スタッフ、心のケアの情報を提供する専門家などもいます。 
 現在、武漢に入ることができるのは限られた医療スタッフのみで、非常に難しい遠隔の支援活動ですが、張さんたちNGOは2008年の四川大地震以降、培われてきた経験やネットワークを駆使して武漢の被災地を支えようとしています。 CODEは彼らの動きをサポートします。ご協力のほどよろしくお願いいたします。(吉椿)

中国新型肺炎救援ニュース No.5

「武漢の状況②」 
 神戸に住む中国人留学生のAさんは新型肺炎の被害の深刻な湖北省武漢市の出身です。彼の家族は、今も武漢市で暮らしています。Aさんによると「武漢は、完全に封鎖されていて、物資も不足しています。私の家族の皆、無事ですが、ずっと家の中にいます。4週間まったく外出していません。マスクはある団体が支援物資でマンションの下に置いていってくれました。現在、武漢では個人的に支援物資は受け取る事はできません。すべて政府を通さなくてはなりません。」と状況を教えてくれました。 
 現在、武漢市(人口約1100万人)は感染拡大を防ぐために市内を完全に封鎖しています。また、病院や隔離施設も急きょ準備され、中国全土から集まった約2万人の医療スタッフが必死の治療を行っていますが、人員や医療物資の不足などで治療がまったく追いついていない状況です。感染した人たちも自宅や施設で家族と隔離された状態で、不安を抱えながら治療の順番をじっと待っています。 
 すでに報道されているように、残念なことに日本でもコロナウイルスによる死者が出てしまいました。フィリピン、香港に次いで中国本土以外で3人目となりました。
 2/14日現在で、中国本土の死者は1483人、感染者約64,000人、中国本土以外では、日本203人、シンガポール50人、タイ33人、韓国28人、台湾18人、マレーシア18人となっていますが、忘れていはいけないのは、完治して退院した人も6723人いるということです。正しく恐れる事が大切です。(吉椿)

☆救援募金にご協力下さい
郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE
*通信欄に支援先を明記してください。(例:「中国肺炎」)
*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
*クレジットカードをご利用の方は下記ページからご寄付いただけます。
http://code-jp.org/cooperation/index.html

中国新型肺炎救援ニュース No.4

「武漢の状況」 
 中国湖北省武漢で発生したコロナウイルスによる新型肺炎の感染は、27の国と地域に広がっています。その大半は中国湖北省ですが、その他、日本90人、シンガポール40人、タイ32人、香港26人、韓国24人、台湾17人など中国本土以外では、353人の感染が確認されています。
 9日時点で、死者803人(780人が湖北省)、感染者約36693人(約271 00人が湖北省)
 CODEのカウンターパートである四川のNGO備災センターの張さんからの情報です。
「現在、武漢に入る外部者は限られており、医師などの医療スタッフ以外が武漢に入るのは厳しい状況だ。僕たちの仲間のW医師が現地に入っている。彼が言うには、医療物資が本当に不足している。たくさんの患者が自宅で治療の順番がくるのをただ待っているj状況だ。」と語ってくれました。
 張さんたちは、中国国内のNGOの救援プラットフォームを立ち上げ、医薬品などの救援物資や医療スタッフの派遣などの支援を行っています。現在、武漢では、約2万人の感染した人たちが不安の中、ただ治療を待っている状況です。
 張さんが最後に語った「つらい・・・」という言葉がその深刻さを表しています。(吉椿)

☆救援募金にご協力下さい
郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE
*通信欄に支援先を明記してください。(例:「中国肺炎」)
*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
*クレジットカードをご利用の方は下記ページからご寄付いただけます。
http://code-jp.org/cooperation/index.html

中国新型肺炎救援ニュース No.3

「移動禁止による影響」
 中国湖北省武漢市で発生した新型肺炎による被害が、7日時点で死者636人、感染者31,161人に増えています。また、現段階でも重傷者が約3000人いると言われています。感染者の多くは湖北省ですが、広東省や浙江省では、それぞれ感染者が1000人を超えています。
 中国国内では、感染拡大を防ぐために、人の移動を制限しています。すでに黒竜江省、江蘇省、南京市、江西省、河北省などの街でも移動規制が厳しくなっています。 
 2008年に大地震の起きた四川省でも300人以上が感染していると伝えられています。四川大地震以来、CODEが支援している四川省光明村の住民Xさん(40代女性)も、「春節で村に帰ってきてたけど、自宅待機の通達が来て、出稼ぎ先の浙江省に戻れないわ。」、「このあたりでも、マスクはとっくに売り切れて、外出できなくなってるわ。」、「光明村は大丈夫だけど、外部の人が入れないように規制している村もあるわ。」と、光明村のある北川県でも感染者が出ている状況を語ってくれました。 
 収入を得るすべのない農村では、多くの人が出稼ぎに出ています。出稼ぎに出られないという事は収入がないという事です。肺炎の流行は、様々な場面で人たちの暮らしに影響を及ぼしています。(吉椿)

☆救援募金にご協力下さい
郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE
*通信欄に支援先を明記してください。(例:「中国肺炎」)
*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
*クレジットカードをご利用の方は下記ページからご寄付いただけます。
http://code-jp.org/cooperation/index.html

人がいなくなった武漢の街

中国新型肺炎救援ニュース No.2

「本当に必要なところに必要な支援を!」

新型肺炎による中国での被害は、死者490人、感染者23000人、中国大陸以外では、死者2名(フィリピン、香港)、感染者210人(日本など27か国)と拡大するばかりです。 四川のカウンターパートのNGO備災センター(新安世紀教育科技研究院)の張国遠さんによると、「とにかく医療機関での物資が不足している。マスク、防護服、医療用ゴーグル、消毒液、人工呼吸器など。」と言っています。
 報道にもあるように中国各地で感染が広がっていることから、マスクが圧倒的に不足しています。武漢の病院には政府などによってマスクなどの大量の救援物資が届けられていますが、中には医療マスクの基準に合わずに使えないものや粗悪品もあるようです。また高額での転売も起きています。
 日本各地でも、マスクが手に入らなくなっています。日本のマスクの8割は中国の工場で生産しており、現在、海外への輸出用を国内の感染対応に回していること、そして1/26~31までの春節(旧正月)休みで工場の生産体制が後手に回っていることが要因だと思われます。神戸のマスク販売会社も「現在、倉庫には一つも残っていません。中国の工場では生産していますが、いつ供給できるかわからない。順番待ちの状態です。」と語っていました。
 張さんたちNGOは、「武漢市や黄岡市の病院に直接、陸路でマスクなどの救援物資を届けるつもりだ。」と言っています。一番厳しい状況である武漢の病院で感染した人たち、そして感染者の治療にあたっている最前線の医療従事者たちにマスクなどの本当に必要な物資が不足している事態になっています。
 日本も含め各地での感染拡大によって不安が広がっています。その不安がマスクの大量購入や買い占め、転売などの行為につながっているのでしょうが、本当に必要な人に必要な物が届くことを一人ひとりが考えていかなくてはならないと思います。今こそ分かち合いの精神を。(吉椿)
現地の写真:https://www.facebook.com/NGO.CODE/posts/2631734243605843
神戸新聞の掲載:
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202002/0013089579.shtml
☆救援募金にご協力下さい
郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE
*通信欄に支援先を明記してください。(例:「中国肺炎」)
*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
*クレジットカードをご利用の方は下記ページからご寄付いただけます。http://code-jp.org/cooperation/index.html

中国新型肺炎の救援を開始します

中国湖北省武漢市で発生したコロナウイルスによる新型肺炎による被害が拡大しています。本日4日の国家衛生健康委員会の発表によると、死者425人、感染者2万438人と深刻な状況になっています。2003年に大流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の時の死者数349人、感染者8096人を超えています、CODEが、2008年の四川大地震以降連携している四川のNGO備災センター(新安世紀教育科技研究院)の張国遠さんから昨晩、「日増しに深刻化する状況を鑑みて支援に動くので、協力してほしい」との要請がありました。
よって、CODEは張さん達NGOと連携して、マスクや防護服の提供などの支援を開始いたします。被災地KOBEから「困った時はお互い様」の精神で始まったCODEの救援活動は今回で63回目になります。是非ともご協力のほどよろしくお願いいたします。(事務局長 吉椿雅道)

☆救援募金にご協力下さい
郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE
*通信欄に支援先を明記してください。(例:「中国肺炎」)
*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
*クレジットカードをご利用の方は下記ページからご寄付いただけます。http://code-jp.org/cooperation/index.html