アフガニスタン地滑り 救援レポート NO.4

今日本では、丹波、広島の豪雨土砂災害、世界では米・イラン・南米・中国の地震が発生しております。亡くなられた方々にご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々にはお見舞いを申し上げます。

中でも広島の地滑りでは、アフガニスタンで3ヶ月前に起こった地滑りと重なり、引き続きCODEは身を引き締めて支援を行う次第です。

2014年5月2日アフガニスタン北東部バダフシャン(Badakhshan)にて大規模な地滑りが発生しました。CODEのカウンターパートであるラフマンさんから、アフガニスタンの地滑りに関しメッセージが届いております

「被災したバダフシャン地域のアフガニスタン人を代表して、CODEと日本の皆さまに感謝の気持ちを表します。」

CODEはみなさまから賜りました寄付金 計172387円を、現地のカウンターパートであるNGO SADOのラフマンさんにお送りしました。ラフマンさんを通じ、今後バダフシャンの避難キャンプへキッチングッズが届けられます。ラフマンさんからの情報によると、バダフシャンではキッチングッズが手に入りにくいこと、また値段が他の地域に比べて高いことから、カブール(Kabul)もしくはミザール(Mazar、アフガニスタン北部)でキッチングッズを購入し、それらが届けられます。

送り届ける際は、被災地域を管轄している政府機関、アフガニスタン国家災害管理局(ANDMA) を通じ、一人ひとりに物資が行き渡るよう、指紋とサインをもって配布を行います。

現在、約300にのぼる被災家族がまだもとの家に戻ることができず、政府の設置したキャンプにて避難生活をしています。キャンプでは今後の災害のために、身の安全を最低限確保するシェルターで生活をしているようですが、未だ支援が行き届いていないことが見受けられます。ラフマンさんは引き続き、キッチングッズの数や配布キャンプについて現地のNGOネットワークを通じ、情報を集めています。(多田茉莉絵)

Argu55

アフガニスタン地滑り 救援レポート no.3

アフガニスタン北東部バダフシャン(Badakhshan)州で2日に発生した大規模な地滑り災害。実は、この1週間ほど前からアフガニスタン北部の14州62郡で洪水などの水害が発生している。このバダフシャン州の地すべりも含むとこれまでに666名が亡くなり、1900棟の家屋が倒壊し、被災した世帯は12967世帯に上っている。(5/6 UNOCHA調べ

CODEのカウンターパートのラフマンさんたちは、昨日、鍋などのキッチン用具をArgo郡の被災地に届けた。この物資は国家災害管理庁(ANDMA)の調整で被災者の人たちに配布されるそうだ。

アフガニスタンでは一般的に12月から3月が雨季であるが、北部ではこの春の時期は雨が比較的多く、雪解けなどもあって鉄砲水や地すべりも起きやすいという。この数週間は特に平年より気温が2~4℃ほど高く、雨が多かったという。今回の被災地のバダフシャン州では、局地的には300ミリの降雨があったとの報道もある。

ラフマンさんによると、1998年にもこのArgo郡の北西すぐのShahreBuzorg郡で地震による大規模な地滑りがあり、約260人の学生が亡くなったという。

報道の写真を見ると、山の斜面が大きく崩落し、大規模に地滑りを起こしている。山と言っても日本のような緑の樹木はほとんど見当たらず、見渡す限りの茶色い荒涼とした山々が広がっている。雨が降り続けば地盤も緩んでくるのは当然だろう。日本の山=樹木という常識はここでは全く通用しない。

アフガニスタンの国土の4分の3が山岳地帯(最高峰のノシャック山の標高は7485m)であり、被災地バダフシャン州も標高1500m以上の急峻な山岳地帯である。アフガニスタンの人たちは非常に厳しい自然と対峙しながら生きている。 (吉椿雅道)

0010

(写真はラフマンさんより提供)

アフガニスタン地滑り 救援ニュース no.2 「あなたの寄付でキッチングッズを届けよう !!! 」

「あなたの寄付でキッチングッズを届けよう !!! 」

大規模な地滑りが発生したアフガニスタン北東部のバタフシャン(Badakhshan)州のアーブバリーク(Aabbareek)村では、別の山の斜面に亀裂が見つかり、大規模な地滑りの再発が懸念されています。

CODEのカウンターパートのラフマンさんからの情報では、政府は二次災害を避けるために子ども、女性など約1400人を安全な場所へと移転させているそうです。その避難キャンプでは、地元政府によってテントや毛布、そして米や小麦などの食料は配布されていますが、調理をするための道具が不足しています。調理器具や食器などがなければ、温かい食事やチャイ(紅茶)さえ口にする事ができません。今後、政府によって新たな場所でシェルターが建設されるまで不自由なテントで暮らすことになります。

ラフマンさん達は地元で集めた少額の寄付で約100人分のティーポット、グラス、皿などの食器を買って、被災地に届けています。CODEは、ラフマンさんたちの行う避難キャンプでの生活支援をサポートしていきます。皆様の寄付で鍋やポット、グラスを購入し、アフガニスタンの被災者の人たちに温かいチャイを飲んでいただこうと思います!

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

CODE海外災害援助市民センター事務局長 吉椿雅道

アフガニスタン地滑りの救援活動を開始します

アフガニスタン地滑りの救援活動を開始します !!!

5月2日にアフガニスタンで大規模な地滑りが発生しました。

アフガニスタン北東部のバタフシャン(Badakhshan)州で連日降り続いた雨によって大規模な地滑りが発生しました。アルゴ(Argo)郡のアーブバリーク(Aabbareek)村では、約300棟が土砂で埋没し、約500名の方が亡くなっています。(5/4 AFP通信)現地では近隣住民や救助隊などの人の手による懸命な土砂を掘り起こした救助活動が続けられましたが、数十メートルの土砂を前にその甲斐もなく、3日には捜索活動は打ち切られました。州政府はこの場所を集団墓地にすると語っています。

CODEは2003年から現在までアフガニスタンの紛争・干ばつの被災者支援として現地のぶどうを再生し、住民の生業を再建する「ぶどうプロジェクト」を行ってきました。現在、アフガニスタン産のレーズンを日本での販売も開始しています。

数十年来、紛争と自然災害に苦しめられてきたアフガニスタンの人たち。先月、アフガニスタンでは大統領選が行われ、現在、開票集計が行われています。初の民主政権への移行が期待されている中で起きたこの大規模な地滑り災害。

CODEは、この地滑り災害後すぐに現地のカウンターパートであるNGO SADOのラフマンさん(Lutf Rahman)と連絡を取り、情報収集を行っています。CODEとアフガニスタンとの付き合いは十数年になります。これまでの現地とのネットワークを生かした救援活動を開始したいと思います。どうぞご協力・ご支援のほどよろしくお願いいたします。
CODE海外災害援助市民センター事務局長 吉椿雅道

アフガニスタン北部洪水

アフガニスタンの北部で4月24日から大雨が降り、北部の4県(Faryab,Saripul,Jawzjan, Badghis)にあたる地域で大きな洪水被害が出ています。CODEのアフガニスタン ぶどうプロジェクトの現地カウンターパートNGOのラフマンさんからレポートが届いています。

—–
私は今家族と一緒におり、安全です。しかし今回の洪水の被害は深刻で、Faryab、Saripul、Jawzjanに被害がありますが、Jawzjanが最も深刻です。今までに亡くなった人は140名にのぼり、60名が行方不明だといいます。救援隊は少なく、彼らが救援に来たのは2日後(4月26日)でした。彼らは亡くなった人を探しています。ほとんどの人々が家の上に2~3日とどまらざるを得ず、救援隊は彼らを助ける術を知りません。可能性としてはヘリコプターでの救出です。今2機のヘリコプターが飛んでいますが、人々は家をなくしたため、避難所や食べ物が必要です。畑は水で流され、家畜は洪水のため死んでしまいました。
—–

またレポートが届きましたら、みなさまにお知らせします。