アフガニスタン、ラフマンさんご逝去第6報

元CODEスタッフ岡本千明さんから亡くなられたラフマンさんへのメッセージが届きましたので、ご紹介いたします。岡本さんは、アフガニスタンのレーズン輸入・販売をラフマンさんと進めてきました。2013年のCODE10周年シンポジウムで来日したラフマンさんの通訳として共に東北の被災地を訪れました。(吉椿雅道)

ラフマンさんへ
「いつの日かミールバチャコットのぶどう畑で、ラフマンさんと、農家さんたちとぶどう狩りがしたい」というのは、CODEに関わる多くの人の夢だったと思います。ラフマンさんと一緒にそこを歩くことがもう叶わないなんて、悲しくてなりません。
あなたとアフガニスタンのことを考えると、思い出すことがあります。

東日本大震災が起きたとき、あなたは心配してすぐCODEに連絡をくれました。そして、「アフガニスタンの子どもたちから」と、寄付とメッセージを送ってくれましたね。アフガニスタンの苦しみをいつも思い続けてきたあなたは、ほかの人の苦しみにも敏感でした。貧しいはずの子どもたちが、一人ひとり少しずつ集めたそれ。ちいさな手にぎゅっと握りしめられていたそれを想像し、思いやりの気持ちに涙が出ました。

また、日本に来られて復興のニーズや問題点について色々とヒアリングされていたあの日、黙って思い詰めたような顔をなさっていたのを忘れることができません。大規模な開発に関係するような話題もあったと思います。日本ではこれが「普通」の暮らしということはわかる。けれど、だったら……。はっきり言葉にはされませんでしたね。「同じ人間なのに、国が違うだけで、保障される『最低限の暮らし』がこれほど違うものか。アフガニスタンには未だに雨風をしのぐ屋根さえ、その日の食べ物すら事欠く人が大勢いるのに……」世界に向けてそう言いたかったでしょうか。それでいて、被災者の方と向きあうと、あなたはまっすぐ共感に満ち、ただそのかなしみに寄り添っておられました。

私があなたに直接お会いしたのはその一度だけでしたが、CODEとの出逢い以来ずっとお世話になりました。あなたが農家さんと育てられたぶどうが、いつまでもミールバチャコットとKOBEをつないでくれると信じています。あなたが生きたその地を、いつか訪れることができますように。緑に光る一面のぶどう畑と、雪を頂くヒンドゥークシュ山脈を眺めることができますように。これまでのご尽力、本当にありがとうございます。どうか、安らかにお眠りください。(岡本千明)

rahman-picture12 rahman-picture13 rahman-picture14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)