「レーズン収穫期」―ぶどう畑再生プロジェクト 活動レポートNO37

先週第3木曜日は「月イチ★イベント食と国際協力第8回れーずんの会」が行われ、有意義な時間をみなさまと過ごすことができ感謝しております。後ほど会の感想もお届け致 します。

このれーずん事業の母体プ ロジェクトである、CODEの「アフガニスタンぶどう畑再生プ ロジェクト」で、カウンターパートであるラフマンさんにぶどう農家の方々を訪ねていただきました。以下レポートをお届け致しま す。


2014年9月の末頃に私はミール・バチャ・ コットに行ってきました。この地域の長老であり、この地域に住むぶどうシューラのメンバーに会い、活動の状況を聞いてきました。

ぶどう農家たちは9月末から10月初旬にかけてぶどうの収穫を行います。今年は10月15~20日あたりに乾燥をさせる予定です。 というのは、農家たちは先にぶどうを生の新鮮な状態で販売し、最後に残ったぶどうを乾燥しレーズンにするからです。アフガニスタ ンの人たちにとってレーズンは欠かせない食べもので、毎日持ち歩き、一粒ずつ小腹が空いたときに食べるのです。

ぶどう農家たちは、今は少 ない市場(パキスタンとの政治事情で閉鎖され ている市場が多いため)でぶどうを販売するほかに、道路の 脇でそこを通りがかる人にぶどうを売り、少しでも多くの生活費を稼ごうとしています。今道路脇で売られているレーズンは一袋約7kgで、80アフガニ(1.5USドル)で売られています。これはレーズンの通常価格1kg、5USドルに比べて非常に安く、余っている大量のレーズンを少しでも販売しようとぶどう農家は必死です。

私たちが支援を行っている ミール・バチャ・コットでは、今1本のぶどうの木から5~25kgのぶどうを収穫することができます。収穫量は、ぶどうの木の年齢と農家たちのぶどうの 世話の仕方によって変わるため、農家たちはぶどうの品質向上に日々努めています。たとえば、木材ではなくコンクリートの支柱を使 うことでぶどう栽培の衛生環境の改善を試みたり、さらに、乾燥時の直射日光により色や味が変わりやすい白ぶどうのために、日陰の 乾燥専用部屋を作ったりし改良を重ねています。

同時に今アフガニスタンで は、ガニ元外相が新大統領に就任したばかりです。新 内閣が発足するまでにまだしばらく時間がかかり、それまでは国内のあらゆる機関が一時停止をしています。アフガニスタンの人々は 新しい政権が動き出すのを今かいまかと待っている状態です。アフガニスタン国内のみならず世界からの大きな期待を背負う新内閣か ら目が離せなくなりそうです。

 

28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 ??????????????????????????????? 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)