月別アーカイブ: 2004年6月

“よみがれアフガニスタン”現地レポート 最終版 NO12

村井、斉藤は6月27日夕方、無事帰国しました。帰路で書いたという最終レポートをお届けします
6月14日からの第8次アフガン訪問を終え、帰国途上の機内で最終レポートを書いています。1年前の3月に「ぶどう畑再生プロジェクト」がスタートしました。米英軍によるイラクへの侵攻が始まったのも3月です。あの時は、毎日ホテルからミールバチャコットに通いながら、一方でイラク侵攻の様子をテレビで見ていました。そして帰国の途についたのが4月9日、たまたま経由地のインドで一泊をしたために、ここのホテルでも何度も何度も、あのフセイン像が引き倒されるシーンを見せられました。

続きを読む

“よみがれアフガニスタン”現地レポート No11

あらためてお願い! ぶどう畑再生プロジェクトに更なるご支援をお願いします!
 みなさまから寄せられている「ぶどう基金」によって、順調にぶどう畑再生プロジェクトは進んでいます。ところが、カレーズの問題、女子学校での苗づくり、そして新しいぶどう農家の支援など課題が次々とでてきます。
しかし、一方基金は底をついてきます。少しずつゴールに向けてと考えているものの、このままでは資金がストップします。でも、女子学校での苗づくりが成功すれば、もし資金がストップしても、少しずつ「ぶどうプロジェクト」は動くのです。従って当面は、女子学校での「ぶどうの苗づくり」を成功させたいと願っています。
 みなさん!更なるぶどう基金への賛同をよろしくお願い致します。

続きを読む

“よみがれアフガニスタン”現地レポート No10

 いよいよ残すところあと一日。残念ながらアフガニスタンでは今日は金曜日でお休み。
こちらへ来るとどうしても行っておきたいところがある。朝7時ごろから散歩がてら行ってみた。今の宿舎からは、歩いて20分ほどかかる。

続きを読む

“よみがえれアフガニスタン”現地レポート No9

“モスク”ってみんな形が違う??
 いよいよカブール滞在も残すところあと二日となりました。明日25日はまた金曜日なので活動はお休みです。ということは今日一日しかないので、現地レポートもこれが最後になるかも知れません。それでまとめてカブール市内の様子をレポートします。

続きを読む

“よみがれアフガニスタン”現地レポート No8

 カレーズについての感動話は、毎回「よみがえった カレーズ!!」で少しずつ紹介しているのですが、今日は「水」にちなんでカブール市内のカブール大学に前にある「アリアバード病院」についてレポートをしたいと思います。と云っても今は、廃墟のようになっており、かろうじて面影を残す病院の門柱の両側で、屋台の「チャイハネ」(茶店)が出されているのみです。おそらく当時を知る者にとっては、変わり果てた姿だろうと察します。

続きを読む

“よみがれアフガニスタン”現地レポート No7

 今通訳をしてくれているのは、“おそらく18歳”の「モハマド・アシュラフ君」です。実は、最初についてくれた通訳と三日目で交代したのですが、彼は今回の運転手さんの息子さんなのです。そもそも通訳をすることになっていた訳ではなく、ミール・バチャ・コットからお父さんについてカブールにでてきただけだったのです。最初の通訳さんが、こちらが提示した契約金に不満があり、2日目に辞退していたのです。こちらも実は通訳が不十分なので、「もう通訳なしでもいいか」とあきらめかけていたのです。

続きを読む

“よみがれアフガニスタン”現地レポート No6

早速10人がかりでテント設営!
 今日は、さっそくバザールに向かいテントと下に敷くシートを購入。テントはとりあえず3張りしかなかった。残りは私たちが帰国してからになるだろう。もう一台車をチャーターしミール・バチャ・コットに向かう。学校についたらちょうど午前中の授業が終わったのか子どもたちが帰るところだった。校庭にあるボロボロのテントとも今日でおさらばだ。子どもたちが立ち去った後のテントの地面に目をやると、シートがない。なんと地面に直接座っていたのだ。

続きを読む

“よみがえれ アフガニスタン”現地レポート No.5

女子学校に、大型テントを寄付することに!!
 今日は予定を変更して、急遽「大型テント」を売っているところに連れて行ってもらった。実は、昨日行った「ミール・バチャ・コット女子学校」のボロボロのテントが気になっていたので、もし残っている資金で購入可能なら買って寄付することを考えたからだ。

続きを読む

“よみがえれ アフガニスタン”現地レポート No.4

~夢が、一歩一歩現実に!!~
 ぶどう再生プロジェクトを実施しているアフガニスタン・カブール州、シャモリ平原ミール・バチャ・コット地域にある唯一の女子学校(生徒数1,400人)で、念願のぶどうの苗づくりが始まりました。
 100m×100mほどの、だだっ広い校庭にやっとぶどうの新苗を植えてくれたのです。といっても校長先生の粋な計らいで、わずか4m×4mほどに区画し、そこに数本の苗が植わりました。でも、土は完全に乾ききっています。

続きを読む

“よみがえれ アフガニスタン”現地レポート No.3

 今日18日は金曜日のため、こちらは休日だ。いつもは無理をいってお願いしているが、やはりスタッフの家族のことを思うと申し訳ないので、今日は私たちも活動を休止した。
 休日とはいえ、カブール市内への外国人の外出は、治安悪化のため控えるようになっており、聞くところによると特に、外国人がショッピングに出る「チキンストリート」や「フラワーストリート」への外出は禁止になっているとのこと。従って一日宿舎に缶詰め状態である。こういうとき宿舎で仕事をする現象を“パソコンする”と言っている。
 ところで金曜日で休日なのは分かるが、モスクまでお休みだっただろうか?というのは、今朝はいつもの「アザーン」が聞こえなかったのだ。ひょっとして聞き逃したのかもしれないが、おかげで朝8時前まで寝てしまった。

続きを読む