1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行っています。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いています。
団体ロゴ






  CODE未来基金に参加した若者のメッセージ

NEWS 救援ニュース、未来基金ニュースはこちらから

メキシコで連続する大きな地震が発生しました


メキシコ中部の被災の様子
(クワテモック氏提供)
メキシコで9月7日に南部を震源とする、19日には中部を震源とする大きな地震が連続して発生しました。CODEは阪神・淡路大震災以降59回目となる救援活動を立ち上げました。ご支援よろしくお願いします。ニュースはこちら

アフガニスタンのルトフ・ラフマンさんがご逝去されました


東北を訪れたラフマンさん
アフガニスタン在住で、CODEの現地カウンターパートとしてアフガニスタンぶどうプロジェクトのためにご尽力いただいていたルトフ・ラフマンさんがご逝去されました。ラフマンさんと縁の深い方々よりメッセージが届いています。こちらから

CODE未来基金プログラム・ネパールの山村を訪れました


グデル村でヒアリング
CODE未来基金プログラムで企画者の立浪雅美さんら若者3名がネパール・ソルクンブ郡グデル村を訪れました。歩いて2日という村の中での生活を体験し、多くの学びを得ました。感想などをご溶解しています。ぜひご覧ください レポートはこちら

CODEからのお知らせ

「プロフェッショナル 仕事の流儀」に吉椿事務局長が出演

吉椿事務局長(右端)と
ネパール山村の若者たち
2016年3月14日22時からNHK総合にて放送予定の「プロフェッショナル 仕事の流儀」でCODE事務局長の吉椿雅道が取り上げられました。
番組HP
現在、NHKオンデマンドでもご覧いただけます。こちら

ネパール地震救援活動を行っています

地震により倒壊した家屋
2015年4月25日11時56分(日本時間・15時11分)ネパール首都カトマンズの北西約80kmでM7.8の地震が発生しました。6月9日時点で約8900名が亡くなっています。(AP通信)CODEは56回目となる救援活動を開始しました。救援レポートはこちらから。クレジットカードでのご寄付はこちらから。

イベント
これまでのイベントレポートも!

CODE寺子屋2017~NGOってなんだろう?~

CODEでは未来基金を通して若者がNGOに関わるきっかけを作っています。今回の寺子屋ではCODE理事で前CODE事務局長の村井雅清に、20年以上に渡る活動の中での熟成されたNGOへの想いを伝えていただきます。NGOとはどんなものなのか?NGOで働く意味って?これからの社会を担っていく若者が学び、話し合っていきます。ぜひお気軽にお越しください。
【日時】2017年10月13日(金)18時30分~20時30分
【場所】CODE事務所
【参加について】参加費1000円(食事代込み)
 ※なるべく事前にお申込みください。

月イチ★シリーズ「食と国際協力」第36回

CODEでは毎週「食と国際協力」を開催しています。食を通じて国際協力、世界に国々を感じませんか。10月19日(木)18時30分から開催する第36回のテーマはフィリピンです。今回の語り手は、兵庫県立大学大学院の立部知保里さんです。フィリピンの大学への留学経験もあり、現在はフィリピンをフィールドに研究をしている立部さんから、現地の文化や食について学んでみませんか。
【日時】2017年10月19日(木)18時30分~20時00分
【場所】CODE事務所
【参加について】参加費800円(軽食つきです。)
 ※なるべく事前にお申し込みください。
 ※今回より開始時間が変更になりました。食もこれまで以上に
  ボリュームアップしてお届けします。



これまでのCODEの救援プロジェクト
34の国と地域で活動!


より大きな地図で MAP を表示
4月16日に発生したエクアドル地震で、58回目となる救援プロジェクトを行っています。各救援プロジェクトの詳しい内容はブログにて発信をしております! 詳細を見る

イベント早見表作りました!


CODEについて
CODEとは
団体概要
CODEの歩み
事業報告
CODEの活動
現在のプロジェクト
過去のプロジェクト
活動レポート・ブログ
 World Voice
 災害を忘れない
ご協力方法
会員になる
寄付する
ボランティアする
勉強会を開く
イベント・ライブラリ
イベント・寺子屋
ニュースレター
10周年シンポジウム
リンク
アクセス
現在のプロジェクト
アフガニスタン
中国四川省
ハイチ
中国青海省
フィリピン
ネパール